2014年05月25日

も〜登りたくない、と思った程なのに獲得標高はそれほどでも無かったWCR(若狭路センチュリーライド)

も〜登りたくない、と思った程なのに獲得標高はそれほどでも無かったWCR(若狭路センチュリーライド)01

高速の敦賀ICを降りてから道に迷った、ナビを使っているのに。
これはスタートに間に合わないかも知れないぞ。
なんて思ったことは、予兆だったのかも知れません。
思えば、1時間まちがえて、
01:50に目覚ましを鳴らしてしまったことも…。

若狭路センチュリーライド(WCR)に参加してきました。
一年に一度だけ、レインボーラインにチャレンジできる日。
はい、このコピーに惹かれました。
それから、素晴らしそうな補給食にも。

しっかりとした補給ステーションが用意されている自転車のイベントに参加するのは、昨年のアワイチ以来。
今回は約160kmの距離にして5ヶ所の補給ステーション。
これだけ有れば補給の心配は皆無でしょう。

160kmだし、補給ステーションも5ヶ所有るし、そう問題なく楽しめるかな。
そうたかをくくっておりましたが、いやいや疲れました。
コースの概要を把握して行かなかったことも一因ですが。


も〜登りたくない、と思った程なのに獲得標高はそれほどでも無かったWCR(若狭路センチュリーライド)02

あっという間の第一補給ステーション。
『へしこ茶漬け』やクッキーをいただきます。

も〜登りたくない、と思った程なのに獲得標高はそれほどでも無かったWCR(若狭路センチュリーライド)03

第三(?)補給ステーションでは『とん汁(うどん入り』など、しっかりおかわりもいただいて。

実は今回の若狭路センチュリーライド(WCR)、川中の目標の一つが『がっつり食べること』。
長距離を走ると胃が固形物を受け付けなくなってくる嫌いがあるのですが、『(防止するには)最初からがっつり食べること(が大切)』と聞いたものですから。
今回は、がっつり食べて胃の調子を見ようかなと。

も〜登りたくない、と思った程なのに獲得標高はそれほどでも無かったWCR(若狭路センチュリーライド)04

食べて走って、食べて走って。
『ゴールまで30km』の看板を見たときには『え〜、もうゴールなの〜』という感覚。
でも実は、その後にまた登が待っていたので有りますが。

ゴールした後に出していただいた『フグ汁・ウニ・サザエの壺焼き』も美味しゅうございました。

スタッフの皆さん、関係者の皆さん、大変お世話になりました。
楽しいイベントを、ありがとうございました。


距離: 157.48 km
タイム: 7:33:26
移動時間: 6:42:04
平均スピード: 20.8 km/h
高度上昇値: 1,414 m
平均心拍: 140 bpm
平均バイクケイデンス: 87 rpm
カロリー: 3,031 C
平均気温: 27.6 °C
(Garminコネクトより)


停止時間は51分程。
こまめな補給・短時間での補給。
今の体力・脚力には楽でした。
こんな方法も良いかも。

格闘標高1,414m。
(WCRのHPでは1,813m)
最大12%の登は、バテました。


2014052506s.jpg

今回の装備もこんなん。
サドルバックこそ外しましたが、さながらブルベ装備。


 ネットビジネスを応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・ロードバイク(自転車)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98086999
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック