2014年05月21日

サイボウズLiveでマイクロソフトOneDriveを使うとも一つ便利そう

サイボウズLiveでマイクロソフトOneDriveを使うとも一つ便利そう

サイボウズLive。
無料のグループウエアですね。
結構便利に使わせていただいております。

使っていて、この辺りが変わればもっと便利なのに、と思う所が『ファイルの共有』。

サイボウズLiveにはファイル共有機能が有ります。
ファイルをアップロードできる場所が有り、フォルダ分けできます。
なので、『ここに置いておくから持っていってね』と言うときには大変便利。

でも、一旦ファイルをダウンロードしなければなりません。
ダウンロードして、そのファイルを開く。
ただそれだけのことなのですが、ちょっと面倒に感ずる事も。
サイボウス上で、ワンクリックで、閲覧できたら良いのに。


また、共同編集が出来ない、のが悔しい。

複数名で書類を作り上げてゆく際、手順はこうなります。
・各人が、
 サイボウズから雛形をダウンロード
・各人が、
 自分の担当の箇所を記入し、ファイル名を変えてアップロード
・取りまとめの方が、
 各人がアップロードしたファイルをダウンロードし、
 一つにまとめたものを、
 名前を変えてアップロード。

そんなこと、サイボウスでするなよ(^^)
なんて声も聞こえそうですが、『これだけサイボウズでは無い』と言うのも悔しいじゃ無いですか。
もったいないじゃ無いですか。
他の打合せなどをサイボウスで行っているのですから、
サイボウスの中だけで、終わりたいじゃないですか。


前置きが長くなりましたm(__)m
ここで、マイクロソフトOneDriveの出番です。

OneDriveのファイル共有は、『リンクアドレスを知っている者によるファイル共有を許可』です。
共有方法は、『閲覧のみ』と『編集可能』の選択。
OneDriveのIDは不要です。

サイボウズの掲示板(或いは、共有フォルダ)に、
『このファイルを見ておいてね〜、リンクアドレスはこれだよ〜』
『このファイルに書き込みしてね〜、リンクアドレスはこれだよ〜』
とアップ。

サイボウズにログインした方は、そのリンクを叩けばファイルが開く…。
いちいちダウンロードする必要はありませんし、

共同編集の効率もぐっと上がります。
複数のファイルに記載された内容を一つにまとめる。
この工程でミスが生じることもありますが、
最初から一つのファイルに書き込んで貰えれば、そのミスが防げます。
他人の入力状況も、ほぼリアルタイムで表示されますから、ツッコミも早くなるかも(^^)


組み合わせるともっと便利に。
さらに便利になる方法も、模索中です。


 助成金・給与計算・社会保険のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・サイボウズLive
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/97413366
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック