2014年01月16日

『4時間ほどメールを送れていません』とのお知らせが届いたのは37時間後でした。

『4時間ほどメールを送れていません』とのお知らせが届いたのは37時間後でした。

01:42にメールを受信。
遅くまで頑張っているんだな…、と思っていたら、
リターンメールになるので再送します
そう書かれたメールが2本立て続けに。

そしてほぼ同時に、
前々日に自分宛に送ったメールが届く。

『?』

受信トレイをよく見ると、こんなメールも。
(上で画像にしたやつです。)

はじめて見ました、こんなメッセージ。
メールって、大きなファイルでも添付しない限り、ほぼリアルタイムで届くものと思っておりました。
例え、世界の反対側にでも。

『?』

このメールを自分宛に送ったのは、14日の11:46。
でも、その後で社内MLに投稿したものは問題なく到着を。

Gmailに問題が?
(川中、受信にはGmailをかませているので。)

『4時間ほどメールを送れていません』とのお知らせが届いたのは37時間後でした。


レンタルサーバーのHPにこんなお知らせが。
Gmailへの送信が芳しくない、と。

本来なら、メール遅配のお知らせは、もっと早く届いていたはずなのですが、
そのお知らせのメールもGmail経由になっているので、
結局、障害が復旧するまで届かなかったのですね。


リターンメールになるので再送します
その意味がようやく分かりました。

届くのがあたりまえになっているメール。
何故、Gmailへの送信だけが芳しくないのか?の理由はもちろん分かりませんが、
障害、辛いです。


 助成金・給与計算・社会保険のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・メールソフト関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85488055
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック