2013年11月11日

修繕積立金の追い扱いが質疑応答事例に追加されました

修繕積立金の追い扱いが質疑応答事例に追加されました

マンションでは修繕積立金の支出が有る事が。
事業用の賃貸マンションですと経理処理が気になります、我々会計事務所の人間は。

原則として、実際に修繕等が行われその修繕等が完了した日の属する年分の必要経費になりますが…
との記載のとおり、支出時には積立金処理が求められるようです。

ところが、一旦支出した修繕積立金がオーナーに戻ってくることは無いことから、
何故経費にならないんだ、という声もあった…。

国税庁の質応答事例に『賃貸の用に供するマンションの修繕積立金の取扱い』が追加されています。

原則として、実際に修繕等が行われその修繕等が完了した日の属する年分の必要経費になりますが、
(ふむふむ、)
一定の要件を満たす場合には、支払期日の属する年分の必要経費に算入して差し支えありません。
(はい。)


…次の事実関係の下で行われている場合には、その修繕積立金について、その支払期日の属する年分の必要経費に算入しても差し支えないものと考えられます。
1.区分所有者となった者は、管理組合に対して修繕積立金の支払義務を負うことになること
2.管理組合は、支払を受けた修繕積立金について、区分所有者への返還義務を有しないこと
3.修繕積立金は、将来の修繕等のためにのみ使用され、他へ流用されるものでないこと
4.修繕積立金の額は、長期修繕計画に基づき各区分所有者の共有持分に応じて、合理的な方法により算出されていること


この事例が追加されたと言うことは、この手の問い合わせ・問題が多くなっていると言うことでしょうか。
また1つ、説明しやすい事例が公開されて助かります。


出典:画像・文章は国税庁の質疑応答事例から


 助成金・給与計算・社会保険のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・徒然なるままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80484053
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック