2013年11月02日

納車の時はこうだったかも知れないと分かったメンテナンス講習

納車の時はこうだったかも知れないと分かったメンテナンス講習01

三連休の初日、天候にも恵まれて暑いくらい、昼食のカレー中華は選択ミスか?と心配になったほど。

普通ならば(自転車で)長距離ライドに出掛けるところ、今日はそれ以上に大切なメンテナンス講習会。
先日の300kmブルベで雨に打たれたことも有り、ブルベ仲間のNさんが講師を買って出てくれたのでした。

納車の時はこうだったかも知れないと分かったメンテナンス講習02

今日は後輪のメンテナンス。
スプロケットを外すと内側はしっかりとダメージを受けています。

納車の時はこうだったかも知れないと分かったメンテナンス講習03

スプロケットはバトンに入れてディグリーザーにつけ込んで洗浄。
灯油を使っても良いとか、その際には廃油を土に埋めると分解される…φ(..)メモメモ

納車の時はこうだったかも知れないと分かったメンテナンス講習04

洗浄したスプロケットを天日干ししている間に、後輪はもっとバラされて、クリーニング・グリスアップと進んで行きます。

納車の時はこうだったかも知れないと分かったメンテナンス講習05

ロードバイクは非常にデリケートなものである、と言うことがよく分かりました。
締め方一つで、車輪が回転する際の感触が異なってきます。
ゴリゴリゴリ、となるか、スムーズに回るか。
そこまでの調整は出来なくとも、少なくとも洗浄・グリスアップは出来るようになりたい、そう感じずにはいられません。

今回のメンテで後輪の回転は非常に滑らかに、きっと納車時にはこうだったんだろうと思えるくらい。
で、ボトルネックを潰すと次のボトルネックが現れるんですね。
ペダルの中心部(BB)の方の回転が滑らかでは無いことに気付いてしまいます。
あ〜、BBの辺りの洗浄・グリスアップをしたい。

表面も内部も綺麗になったスプロケット、これで走ってみるとどんな感じなんでしょう。
で、距離を重ねて行くうちに、だんだんと劣化していって、またメンテしたくなるんでしょうね。

ちょっとずつ、メンテも出来るようになって行きたい。
メンテも楽しめるようになりたい。
そんな講習会でした。
Nさん、ありがとう、大感謝です。


 創業・開業を応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・ロードバイク(自転車)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79779861
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック