2013年09月24日

いつの間にか時代は変わっていてキーボードが使えません。

いつの間にか時代は変わっていてキーボードが使えません。

2014年4月9日、マイクロソフトによるWindowsXp SP3のサポートが終了します。
その準備に向けて、我が社でもパソコンを買い込みました
ノートパソコンに加えてデスクトップパソコンも。

デスクトップパソコンで新品のメーカー品を購入するのは、かなり久しぶり。
最後に購入したのがIBMのPC330GLという品番が記憶にありますが、もう10年ほど前の事かも知れません。
もっぱらパーツを指定して組んでもらうか、自分で組むかでしたから。

今、非常に慌ただしい時を過ごしているで、自作(パソコンは『手組』とは言わないんですよね)はせずにメーカー品を。
であればとしっかり保守契約にも入りました。
デスクトップの保守契約なんて初めて、毒を食わば皿までと言うことでもありませんが。

いつの間にか時代は変わっていてキーボードが使えません。02

既存のデスクトップPCの本体をどけて、新しいデスクトップPCを設置。
モニターは…HDMI対応では無いので昔ながらのVGAケーブルを。
マウスはUSB…、キーボードは…。

え〜、PS2ポートが無い〜っ。

昔々、マウスとキーボードは、PS2という丸形の端子でパソコンと接続しました。
USBという端子ができて、マウスやキーボードもUSBでの接続が多くなってきました。

我が社には、お気に入りのキーボードが買い込んで有ります。
昔は、とにかくキーボードを酷使したので、壊れても同じキーボードで使い続けられるよう、タッチ感の良いキーボードを買い込んであったのです。
多分、10個は有ります、買い込むと、意外と壊れなかったりして。

このキーボード、もちろんPS2接続。
新しいデスクトップPCでは使えません。
もちろん、パソコンにはちゃんとキーボードが附属していますが、やはり使い慣れたキーボードのタッチ感には及ばず。

う〜ん、PS2ポートの増設は出来なさそうですし(CPU切替器を使えば出来ますが…そこまでは)、とにかくUSB接続のキーボードを選定せねば。

自作ならば、母板(マザーボード)にはPS2端子が付いています、従来からのキーボードが使えます。
でも、普通の人はもうPS2ポートなんて使わないのでしょうね…。

自作すれば良かったかな、とふと思ったり、しました。


 相続のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | ・パソコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76920248
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

やっぱり昔からのキーボードが使いたくて変換ケーブルを購入
Excerpt: WindwosXpからの脱却のために新品のメーカーデスクトップPCを購入。 ところがPS2ポートが付いていない〜(>_<)。 なんて事がありました。 もちろんUSBの..
Weblog: 川中重司、ほのぼのIT税理士!(^^)のブログ
Tracked: 2013-11-07 22:56