2013年09月13日

NISA(ニーサ)口座が開設できる金融機関は、一人1社だが1社限定では無かった。

NISA(ニーサ)口座が開設できる金融機関は、一人1社だが1社限定では無かった。01

NISA(ニーサ)が始まりますね。
金融機関の方からの口座開設の勧誘、口座開設するとxx円いただけるなんて話も有ったような。

口座開設だけでxx円いただける。
NISA(ニーサ)の口座は一人1金融機関のみですから、囲い込みが出来るという計算も働くのでしょう。
と、思い込んでおりました。

NISA(ニーサ)の口座は一人1金融機関のみ。
なのですが、一生そこに縛られるということでは無いのですね(一生というのは大袈裟ですが。)
A金融機関で口座開設し、後日B金融機関で口座開設、と言うこともあり得るんですね。

NISA(ニーサ)口座が開設できる金融機関は、一人1社だが1社限定では無かった。02

各年分ごとに 1 非課税管理勘定のみ設定可
(勘定設定期間ごとに 1 金融商品取引業者等に限ります。ただし、勘定設定期間が
異なれば、同一の金融商品取引業者等である必要はありません。)

と、このパンフレットに。
一人1金融機関のみ、とひたすら思い込んでおりました。

きっと有るであろう他の思い込み。
素直な耳を持つことが一番の薬ですね。


出典:
NISA(少額投資非課税制度)に関するQ&A(日本証券業協会)
非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置(いわゆるNISA)が始まります(平成25年8月)(国税庁)


 ネットビジネスを応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・税制改正
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/75676631
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック