2013年09月07日

初めての琵琶湖一周はどしゃ降り2時間のオプション付き

初めての琵琶湖一周はどしゃ降り2時間のオプション付き01

琵琶湖一周、ビワイチ
何とも魅惑的な響きよ。

ブルベで200km走れたことも有り、距離的には大丈夫だと思っていました。
そして、仲間内でのチャレンジ…。

心配された天候も、前日くらいの予報では『曇り』程度。
これならば安心して走られるとゴーサイン。

初めての琵琶湖一周はどしゃ降り2時間のオプション付き02

コースは…分からないので(^^ゞ
何でも、琵琶湖一周の認定のための通過ポイントがいくつもあるそうで、そこを通るコースをルートラボからチョイスしてeTrex30・Edge500に。(二台体制で走りますから)
道の駅を通るコースだったので、補給に都合が良いだろうという判断でしたが、正直これは失敗でした。
朝6時スタートだったのですが、道の駅に到着しても未だ空いていない、とか、売店が無い、とか。
やはり補給はコンビニが一番ですね。

さてさて、初体験のビワイチ、登りが少なく走り易いですね、ず〜と下っているような印象を持ったくらい。
交通量が多くてヒヤッとしたときもありました…、迂回路があれば良いのですが。

琵琶湖を眺めながら気持ちよくクランクを回して走る…良いですよね…、天候さえ良ければ。
しっかり雨に遭いました。
出発早々にざっと一雨、そして、夕方、最終の2時間の土砂降り。
この土砂降りが辛かった…だんだんと暗くなるなか大粒の雨・どしゃ降り・雨宿りするところも無し。
もちろんカッパ持参でしたが同僚が持っていなかったので、シャワーのお付き合い。

辛かったのがもう一つ、ラーメン屋に入れなかった事。
序盤で雨に打たれ、冷えた身体に飛び込んで来るラーメン屋の大きな看板。
大津港についたのが10時半の辺り。
ちょっと早めの昼食をラーメン屋で、温まろうっと決めると、ラーメン屋が無い。
ようやく発見した天下一品は開店前…。
ならばコンビニでカップラーメンを、と心に決めるとコンビニが無い。
ようやくコンビニにたどり着いたのは一時間後のことでした。



今回の反省点。

1.補給食
琵琶湖の回りにはコンビニなり種々有るだろうと思っておりましたが、意外と、無い。
備えあれば憂い無し、初めてのコースでは、十二分な補給食の携行を。

2.eTrex30
道を間違えること、数回。
コースハズレのアラート機能を、早く発見せねば。

3.eTrex30
命綱を付けること。
ふっ飛んで行きました、その瞬間をはっきりとこの目で見ました。
命綱を付けようね、と言うブログも見ていたのに、
付けておかなきゃ、と思っていたのに、付けていない。
早々に付けましょう。

4.尾灯の取付位置
サドルバックに取り付けているのですが、御辞儀をしてしまって、後ろからの視認性が良くない。
もっとはっきりと見えるような場所、後輪右側の支柱の辺り、にでも、変更のこと。

5.注油
出発直前に注油したのですが、不足だったような気が。
雨に打たれて、チェーンが鳴いていたような感じ、途中での注油が出来ると良いのかも。

また、走行後にはチェーンを拭いて注油が必要らしい。
拭くだけで注油しなかったら、翌日サビが浮いていました。


反省点も多かった今回のビワイチ。
来たるべき300km走行に向けての良い予行練習となりました。


 ネットビジネスを応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | ・ロードバイク(自転車)
この記事へのコメント
途中雨に降られながらのビワイチ。
日本人なら一度はチャレンジしたい場所でしょうから(笑)、無事完走されて羨ましい限りです。

ことブルべにおいては遠慮なくレインウエアを着ましょう。
体温低下は多様な弊害を招き、時には命にも関わります。

BRMの規則では尾灯は車体に確実に装着することとあります。
なので主催者によってはサドルバッグに装着された尾灯は車検に通さない所だってあります。
必ず一つの尾灯は車体に固定され、かつ常時点灯する必要があります。
(点滅は道交法上尾灯と見なされない、後方のライダーへの幻惑を避ける目的)

先日、BRM908嘉麻200kで一日スタッフをやってきました。
内容は200kmの割に市街地走行が入るせいで分岐の多いコースだったのですが、GPSに頼り切っている方のほとんどは複数回ミスコースをしていたようです。
木陰が多い場所や見通しの悪い場所でGPSをロストしたまま再補足出来ずウロウロした方、側道に下りて右折すべき分岐をGPSの小さな画面では判別出来ずに高架橋をそのまま直進するミスなど。
キューシートに記載された距離数は絶対なので、常に参照しながら分岐点の周辺情報と照らし合わせれば何でもない事なのですが。

中にはスタート早々にGARMINのボイコットが発生し、スタート地点へ強制送還する案内しかしなくなった方がいまして、キューシートの用意もなくコバンザメ走法を試みたもののPCクローズオーバーでDNFされました。
自転車は壊れてないのに、身体はまだまだ走れるに、GPSが理由でDNFなんて余りに勿体ないです。

GPSとキューシートの併用、そして走行ルートの道路番号、方面、ルート上の周辺情報くらいは暗記せよ!とは言わないものの、事前のリサーチと覚えてしまうくらいに何度もマップ等でトレースしてみることをお勧めします。

あ、命綱も忘れずに(笑)
Posted by リーフ at 2013年09月12日 12:09
こんにちは、いろいろとありがとうございます。

◎レインウエア
そうですね、迷わず着用ですよね。
まだ暖かな季節なので着ませんでしたが、これからは…。

◎尾灯
はい、場所異動を計画しております。

http://momijimaturi.sakura.ne.jp/sblo_files/shigeshikawanaka/image/2013060201s.jpg
先日のBRM601(200km)の際の尾灯はこんな感じ↑↑↑でした。
今回のビワイチも同じようにしておりましたが、
サドルバッグに付けているやつが御辞儀をしたり、勝手に飛んでいったり(^^)

これではいけないと思い、3つともフレーム直付けにしようと計画中です。

◎GPS
相変わらず、GPS頼みになっております。
先日、ようやくeTrex30のOFFコース警告アラームの設定を見つけて、一安心しました。

|GPSが理由でDNFなんて余りに勿体ないです。
そうですよね、せっかく県外遠征までするのに。

|GPSとキューシートの併用…
次回のBRM406 鯖街道300km(10月19日)が今年二つ目のブルベ、今年はこれで終了です。
今から、キューシート眺めて、GPSにコース打ち込みします。
キューシートも精一杯、読みますね(^^ゞ

おっと、命綱、買ってこなくちゃ。
Posted by 川中重司 at 2013年09月15日 14:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74487284
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック