2013年06月24日

日本政策金融公庫さんの融資方針が変わりました(研修会のメモより)

日本政策金融公庫さんの融資方針が変わりました(研修会のメモより)

北陸税理士会武生支部の会員研修で、日本政策金融公庫の方にお出でいただきました。
沢山の資料を基に、いろいろな融資制度について実例を交えた解説をしていただいたのですが、一番印象に残ったのは冒頭の部分。

日本政策金融公庫の融資方針が変わりました、と。

『平成24年度は資金繰り支援などが主でしたが、平成25年度は…』と、以下の項目を。
・経営力強化支援
・環境保全
・高齢化社会の基盤整備
・震災に強い街づくり
・教育の機会均等
・中小企業会計基準の推進

例えば、経営力強化支援。
税理士等と連携しコンサル面の強化を図ります、と。
この分野では『経営環境変化資金』と『中小企業経営力強化資金』が有りますが、いずれも、
・経営者が事業計画書を提出。
 (審査のうえ、融資実行。)
・融資後も、計画の達成条件の確認と達成に向けた経営支援を実施。
とのことで、企業からの報告を求めています。(最長3年間)

計画の立てっぱなしではいけないので、進捗把握をし必要に応じて進言しましょうと。
いわゆるモニタリングですね、大切なことです。

甘えた話なのでしょうが、なかなか自社内でのモニタリングは出来にくいもの。
外部機関、それも金融機関からのモニタリングはプレッシャーにもなります。
せっかくの経営計画、外部からのプレッシャーも活用して、是非遂行させましょう。


写真は、差し入れでいただいたお菓子。
美味しくいただきました、ありがとうございました。


 起業・開業を応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・研修のメモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69946805
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック