2013年06月23日

こんな事ではこれ以上の長距離は走られ無いぞっと痛感

こんな事ではこれ以上の長距離は走られ無いぞっと痛感01

先日、道に迷ってしまい、帰宅後のチェックで直進すれば良かったのだと判明したことが有って。
今日はそのリベンジ。

登り坂も有るので気持ちはややブルー。
つい、慣れた海岸線沿いのコースに気持ちが傾きかけます。
スタートしてしまえばそんな気持ちも消えるのですが。

こんな事ではこれ以上の長距離は走られ無いぞっと痛感02

まずは永平寺まで。
坂を二つ越えますが、勾配はMax10%程、距離も短い。
永平寺までが距離にして29km弱、坂の距離も知れていてまだまだ元気。

次なる目的地は坂井市立丸岡図書館、そう先日のブルベ・丸岡BRM601のスタート地点。
ここを折り返し地点と考えていたので。

こんな事ではこれ以上の長距離は走られ無いぞっと痛感03
その間には3つ目の坂、丸岡で折り返すとそれが4つめの坂になります。

復路は往路よりも20km程遠回り、丸岡BRM601のコースをなぞって行きます。
この遠回りが効いたのか、いやいや、その前の4つの坂が効いていたのでしょう、ケイデンスが上がらなく無くなってきています。

復路で再度永平寺に着いたときにはもう、脚は終わったな…という感覚、残る坂をどう克服して行こうかと心配すら。
一番軽いギヤは使わずにいたのですが、今日の上り坂は結構厳しいものが。
終盤はヘロヘロ、最後の坂を攻略してコンビニで休憩しながらストレッチしたときには脚がつりそうに。

今日は135km程しか走っていないのにこの有様では、300kmなんてとてもとても。
脚は温存すべし。
上り坂は躊躇無く軽いギヤを使うべし、でしょうか。

コースによっては勾配20%も有るとか。
今のギヤでは、無理…、でしょうねきっと(^^ゞ


距離: 134.17 km
タイム: 6:41:34
移動時間: 5:44:53
平均スピード: 20.0 km/h
平均心拍: 131 bpm
平均バイクケイデンス: 83 rpm(計測されてい無い時、有り)
カロリー: 2,449 C
平均気温: 25.7 °C
(Garminコネクトより)


 助成金・給与計算・社会保険のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 22:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | ・ロードバイク(自転車)
この記事へのコメント
こんばんは。

いやー、山岳コースを練習で走りに行くこと自体がすごいです。
私はロングでの坂が嫌いで嫌いで・・・。

さて、ロングライドでの坂は躊躇なくローギアを使うほうがいいですよ。
踏んで登るよりも回して登るイメージで、その方が負担を分散できますし、心拍も上がらないので楽です。
もちろん速度は遅いですが、長距離であれば坂道頑張らず平坦回すほうが平均速度としては速く走れます。
私はほぼインナーローですし。
とはいっても、私も先に書いた通りロングでの坂が大嫌いなので人にアドバイスできるほどでもないですw。
参考程度にどうぞ。
Posted by neru at 2013年06月24日 19:54
こんばんは。

私も、今日の気分は『坂なんて大嫌い』です。
次回はもっと坂の少ないコース、海岸線沿いでも行こうかと。

踏んで登るよりも回して登るイメージで、その方が負担を分散できますし、心拍も上がらないので楽です。

そうかも知れません、いやいや、きっとそうですよね。


もちろん速度は遅いですが、長距離であれば坂道頑張らず平坦回すほうが平均速度としては速く走れます。

これは納得です。
坂道頑張って脚売り切れ、なんて経験を先日の丸岡ブルベで。なにせ貧脚なもので(^^ゞ

これからもっときつい坂も有るだろうから、せめて今はギヤ一枚残して。
こんな気持ちで34−25で踏み込んで踏み込んで。
インナーロー(34−28)ならばもうちょっと楽かも知れませんね。

実は、新車購入の際、フレーム買いならチェーンリングは3枚にしようと思っておりました、軽いギヤが手に入りますから。
シマノ105の『50-39-30T』が羨ましい(^^ゞ
Posted by 川中重司 at 2013年06月24日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69900775
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック