2013年06月15日

ブルベの手引書のランドヌールvol3がようやく届く

ブルベの手引書のランドヌールvol3がようやく届く

アマゾンで『を、ついに第三号が発売だ』を思ったら、ブルベをされている方のブログで何件も目にしたこの雑誌。
ランドヌールvol3がようやく手許に届きました。

「ブルベ」ぼ魅力を完走ノウハウがわかる!
と冠されているだけ有って、内容はブルベ関係一色。

今はGoogle先生のおかげで種々の情報が手に入りやすくなりましたが、それでも一冊にまとまっていると分かり易く、ありがたいものです。

最初にvol1を手に取ったときにはもちろんブルベに出ることなんて考えていなくて。
こんな世界もあるんだな〜と。

ブルベとは、自転車で、所定のコースを、所定の時間内に、自己責任で走るイベント。
200km→300km→400km→600km と距離が伸びてゆきます。
今月頭にブルベ(丸岡ブルベBRM601・200km)に初チャレンジ。
600kmを完走された方のレポートを拝見すると、ここまではとてもじゃ無い…と思ったり、いやいや、同年代の方もされているし…、と思ったり。

さて、ようやく届いたランドヌールvol3。
今気になっている記事は『ハブダイナモ』と『ストレッチ』。
共に、長距離を走るときに問題になってくる物。

『ハブダイナモ』とは、要は発電機。通学用の自転車には装備されていることが多いかと。
自分の車輪の回転で発電するので、乾電池やモバイルバッテリーを携帯せずに済むのか?
と以前から興味が。
最悪、手持ちの乾電池が無くなっても対応可能な気がしておりましたが、はてさて。

それから『ストレッチ』。
先日の丸岡ブルベで先行されいたBOMAさんの神業的なストレッチが目に焼き付いています。
(走りながら、脚を止め金具から外して、ストレッチをして、止め金具にはめ直す。これを一瞬のうちに…)
序盤で脚がつりかけたことも有り、ストレッチは大切だと思い直しました。


ブルベの練習はブルベでしか出来ないそうです。
装備もしかり、ですよね。ブルベ当日は他の方の装備がとても参考になりました。

さあ、200kmと次は300kmに出走…、できるかな(^^)


雑誌の右下に写っているのはモンベルのサイフ。
表紙をずばり掲載することは著作権か何かの関係上都合が悪い、と聞いたことがあるので、乗っけてみました。


 起業・開業を応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | ・ブルベ
この記事へのコメント
もう3冊とも 持っているのですか? なんと 素早い! 私はまだ Vol.2だけです。とっても面白いですね。

ぜひ 300km一緒に 頑張りましょう!
Posted by 生地屋のおやじ at 2013年06月16日 20:55
ハブダイナモは私も興味があるのですが、いかんせんチューブレスで手組みして貰うのが難しそうなことと、初期投資が大きいので躊躇しています。
あれば強力な武器なのですが・・・。
やはり安定して使えるライトとしては最上位かと思いますね。

各PCで何か食べながらでもストレッチしておくだけでも違うと思いますよ。
走行中のストレッチは慣れですので、普段からさりげに練習しておくといいかもしれません。
あと神業的なと書いて頂いてますが、私も普通にミスキャッチするときもありますのでw。
Posted by neru at 2013年06月17日 10:56
生地屋のおやじさん。

ブルベの本、見ているだけで参考になりますね。
走ってから読むと、旨さ倍増です(^^)

Posted by 川中重司 at 2013年06月17日 22:35
neruさん、こんにちは。

丸岡ブルベBRM601でご一緒した『Panaさん』はハブダイナモをつけておられましたね。
やはり、歴戦の勇者は違うなぁと思いながら見ておりました。

走行中のストレッチ、のんびり自分のペースで走る分には、『上半身』位は出来るのですが、先日の丸岡ブルベBRM601ではそれすらかないませんでした。
それにあの『神業』、本っ当に目を疑いました。マスターしたいのですが、その前に何度こけるかと思うと…怖くて怖くて。
Posted by 川中重司 at 2013年06月17日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69517558
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック