2013年06月03日

丸岡ブルベBRM601(200km)の備忘メモ

丸岡ブルベBRM601(200km)の備忘メモ

この記事は、丸岡ブルベBRM601(200km)に参加した際の備忘メモです。
以下、だらだらと、思いつくままに。

(ロードバイクの記事が続いておりますが、このブログは税理士さんのブログですm(__)m。)

コンビニでは短時間
 →
とにかくコンビニいる時間が短い。
補給(購入)したらサッと出発。
最初に買う物を決めている様子。
口に入れるのは走りながらか。


補給食は和菓子が良い
 →
ハンドルの辺りに和菓子をビニールテープでくくりつけて、走りながら食べていた、とか。


パンを胃腸が受け付けなくなった。
オーバーペースのためか?
それとも、前日の睡眠不足のせい?


秘密兵器・梅肉(調理用)
 →
ぱっと見はケチャップの小さいやつのよう。
塩分補給に良い、これだけで充分酸っぱい。
信号待ちの時にサッと口に出来る手軽さ。
(上の画像が、そのケチャップ梅肉です。)


水筒は2本、ロックアイスを詰める
 →
氷を詰めておくと、もちろん溶けて、冷たい水が飲める


サドルバッグ
 →
中くらいのボックスの回りに小さなボックスがいくつか。
これは詰め込む物の種類によって入れる場所を変えられて便利そう


工具
 →
六角レンチ、チェーンカッター・予備のコマは持つべき。


フロントライト
 →
DOSUNは明るいそうな。
フロントライトをハンドルの下につけている方、多し。
でもダンシング(立ち漕ぎ)の際に当たらないのかな?
そうそう、停止状態からスタートしたときはダンシングして加速されていました


ヘルメットのライト
 →
後ろにも必要になる。
GENTOS デルタピーク DPX−043Hはバッテリー部分が光るのでこれで良いかな。


ブルベカード入れ
 →
100均にも丁度良いのが有るそうな
スポーツショップにも有り


GPS
 →
2つ装備されている方、しかもあえて種別を変えて。
同じ機種だと、同じ時に同じ原因で落ちかねない、と。

登山用のGPS(ガーミン)
まずチェックポイントを埋め込み、カシミールというソフトで点を線にする


軽いギヤをクルクルと
鉄人は、とにかく同じペースで脚が休まない

最初の永平寺の坂で禁断のギヤを使ってしまった
後半は、ちょっとした坂も上がらなくなる


脚がつる
乗ったままでのストレッチ
 →
自転車を降りずに、走りながら、ビンディングを外してストレッチ。
でまたビンディングをはめる、という高等技術を目の当たりに。
しかも、一瞬の動作。


写真を70枚・UPされている方が。
こんなブルベの楽しみ方って、素敵。
こうなりたい。




 起業・開業を応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 22:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | ・ブルベ
この記事へのコメント
パナソニックのチタン乗っていたものです。

GPSのカシミールでルートをつくるっていうのは、自分以外でやっている人をみたことのない、マイナーな方法です。ほとんどの人は、ルートラボからデータを落としたのを表示して、あとはキューシートまたはコマ図をハンドルにつけて走っています。自分がストレスを感じずに、かつミスコースが少なくなるやり方を見つけるのか良いかと。

ケイデンスも同様で自分にあった形を見つければよいかと。自分は重いギヤを踏むと膝を痛めやすいため、あんな形になっていますが、ブルべの600qとか走ると後半はケイデンス90前後まで落ちます。

翌日は、無事富山まで約200qを10時間弱かけて走りました。ブルべ当日にBOMA乗っていた方とお二人の後ろからのプレッシャーを感じて、結構足を使ってしまったため、軽い筋肉痛でしたが・・・。

Posted by @kw324 at 2013年06月07日 22:17
@kw324さん、こんにちは。
探し出していただきありがとうございます、嬉しいです。

パナのバイクはチタンだったのですね。実はバイクを拝見して、『クロモリか〜、川中も昔のクロモリでブルベにでることが有るのかな…』などと思っておりました。
もっとも、そのためには、クロモリのフレーム・ハンドル・サドル以外のパーツ交換が必要ですがヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ

ブルベ当日はガーミン500でルートを表示させていたのですが、もうちょっと補足情報が欲しいところでした。例えば道路の形状とか。
今回は地元開催でしたので何とかなりましたが、県外への遠征の際には、別に『GPS』が欲しいです、またいろいろと研究してみます。

ケイデンス、川中も軽めのギヤを使う方だと思うのですが、ケイデンスは90〜100辺りかと。
必死でついていったペースはオーバーペースで、序盤で脚が売り切れました。
ブルベのコースが逆だったら、永平寺の坂はとても登れなかったです。

ブルベで200kmの翌日にまた200km、素晴らしいです。
ブルベで400km走ることを考えれば未だ楽なのでしょうが、今の川中にはとうてい無理です。
とりあえず、ブルベの回数を重ねること・300kmに出走することを目標にします。

また、お目にかかれる日を楽しみにしております。

Posted by 川中重司 at 2013年06月08日 21:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68794022
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック