2013年05月25日

オルトリーブ編:雨の中を走って分かったこと

オルトリーブ編:雨の中を走って分かったこと01

丸岡ブルベBRM601(200km)の試走で雨に遭いました。
30年ぶりくらいで雨の中をカッパを着て走って分かったこと、オルトリーブ編です。

『ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ L ブラック 2.7L サドルバッグ F96LL』なる物を使い始めました、雨具を携帯するのにはそれなりの大きさが必要なので。

そのオルトリーブ、先日の雨で泥まみれになりました。
完全防水のはず、上の画像のように泥まみれになっても水洗いでサッと綺麗になります、外側は。

内側は…、水が少々、雨の中を走ったせいでしょうか…?
チャック式では無く巻き上げる方式、でもそんな激しい雨じゃぁ無かったぞい、そんなんで内側に水が入るのか?
もしかして、ボルトを変えたせい???
ならば、早々にワッシャーでもかますか?

オルトリーブ編:雨の中を走って分かったこと02

この2枚の画像、違いがお分かりに?
左があふたー、右がびふぉー(つまり、雨に遭ったときのもの)。

はい、『びふぉー』では下から上に巻き上げていました。
雨の侵入を防ぐ『ネズミ返し』がついていてもこの巻き上げ式では雨をキャッチしてしまいます。
そう悟って『あふたー』式に、これならば水を流して終わり、内側に溜まることも減るはずです。

最初の画像でもオルトリーブの文字が逆さになってることから、『びふぉー』式で有る事が分かります。
これでは雨をキャッチしてしまいますよね。

丸岡ブルベ当日は、今のところ降水確率40%、これは雨対策も必須。
まずはバッグ(オルトリーブ)の使い方をちゃんとせねば。


 助成金・給与計算・社会保険のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・ブルベ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68360317
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック