2013年02月26日

アンドロイド端末が飲食店の発注端末になった日

アンドロイド端末が飲食店の発注端末になった日

2012年11月の携帯電話全体の月間販売台数に占めるスマートフォンの割合(スマートフォン率)は80.9%と、ついに8割を突破した。(読売オンライン)

これに先だって同社が公表した昨年10〜12月期のパソコン出荷台数は8980万台だった。これまでタブレットの台数はパソコンの3割程度で推移していたが、ここに来て一気に6割近くにまで増えたというわけだ。(JBPRESS)

と言うような記事を目にし、アンドロイド端末の活躍の場がどんどん大きくなってきたことを感じていますが、ここまで来たか、と。

飲食店でオーダーを受ける際に使用されている端末、あの機能がアンドロイド端末で出来るようになりました。

回転寿司店でiPadを使ったオーダーシステムが動いていると言う記事を目にしたこともありますし、別にその手の機能がアンドロイド端末で出来たとしても不思議では無いのですが…無料らしいのですこのアプリ。
ただし無料版でのテーブル数は7台までらしいのですが。

メニュー作成、料理の発注、代金合計機能などが盛り込まれているようですから便利そう。
クーポン発行機能なども有るそうで、こぢんまりとしたお店なら使えそうです。

残念ながら川中のスマフォには非対応でしたが、ダウンロードサイトで再度ビックリ。
ダウンロードのファイルサイズがわずか1.8M。
そのファイルサイズでここまで出来るとは。
あ〜、実際のオペレーションを見てみたいものです。


上の画像は、このアプリ『MOMONGA MENU』のHPから転載・加工させていただきました。

なお、お約束ですが、ご利用は自己責任で。


 相続のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・すまふぉ関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62943082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック