2012年10月27日

ガーミン先生(Garmin Edge 500)、空を飛ぶ。

ガーミン先生(Garmin Edge 500)、空を飛ぶ。

休日の朝、のんびり身支度を調える。
空の水筒にコンビニで水を補給、今日は時間が少ないのでカレーパンつまみ食いコースにしようか。

約90km、もう何回か走っている起伏の少ないコース、サイクルコンピューター無しでもだいたいのペースは分かります。
そう、実は今サイコンのガーミン先生(Garmin Edge 500)が再度治療の旅に出ているのでした。

・自転車トレーナーにのると距離が出ない。
・(屋外で)スタートしてから距離が表示されるまでに時間がかかる。(ポース・再スタートの際も同様)。
・勾配が表示されるまでに時間がかかり、最初はあり得ない勾配が表示される。
などなどの症状が出ております(>_<)。

上の画像は、ガーミン先生(Garmin Edge 500)のログをパソコンに取り込んで地図に表示させたもの。
ポース・再スタートの際にしばらく自分の場所を認識していないような表示になっています。
まるで、『あっ、今、ここにいるんだ』と急に悟ったかのような感じ。

そんな方向音痴の所までオーナーに似なくても良いのに、いやいや、方向音痴のオーナーだからこそガーミン先生(Garmin Edge 500)にはナビ機能でオーナーを導いて欲しいのです。

実は先月一度治療の旅から戻られた(修理から戻ってきた)のですが、症状変わらず。
再度の治療の旅へと出られた次第。

これからは外を走られる機会が減り、自転車トレーナーの出番が多くなります。
その時には、ガーミン先生(Garmin Edge 500)にご活躍いただかないと、
時間・距離・ケイデンス・心拍等をきっちり表示いただかないと、張り合いが出ません。

ガーミン先生(Garmin Edge 500)、空を飛んでくれとは申しません、なんとか通常機能を回復して下さいませ。
お早いお戻りを、お待ち申し上げております。


 相続のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・Garmin
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59600227
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック