2012年10月23日

さばえ公共未来塾での講師の後半も終了。

さばえ公共未来塾での講師の後半も終了。

『さばえ公共未来塾』という取り組みがあります。
(さばえ公共未来塾の概要についてはこちらをご覧下さい。)

全27講座の中の2講座、経理関係の実務面について、と言う事で話をさせてただきました。

前半は、個人事業形態での開業で遭遇するであろう事を。
資金繰り表の辺りは事業計画との連動をイメージして時間を割きました。

後半は、決算書の見方〜法人形態への移行等などを。

決算書なんてどうやって見れば良いんでしょう。
貸借対照表は円グラフを用いてイメージを掴んでもらおうと。

法人形態にするメリットって何でしょう。
そう、デメリットは無いの?
決算公告なんて義務もあるんですよ。

はい、詰め込みすぎました。
でも、受講された方がいずれ開業された時、何か思い出して下されば。


さばえ公共未来塾、とても素晴らしい取り組みですね。
講座一覧を見ると受講してみたいものが多く、次回こそは受講してみたいと思ってしまいます。

担当者の方々、お世話になりました、ありがとうございました。


 ネットビジネスを応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・徒然なるままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59469010
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック