2012年10月19日

セミナーの時間配分には『KeepScreen』が重宝しそうでした。

セミナーの時間配分には『KeepScreen』が重宝しそうでした。01

セミナーで話をする場合、例えば、
持ち時間は90分、と言う事は、ここまでを30分で、時間調整はここの部分で
なんて事を考えます。

教室に時計が置いて有る事も少なく、時間確認は腕時計・あるいはスマフォとなります。
ならば見やすいように、スマフォに大きな時計を表示させようと。

セミナーの時間配分には『KeepScreen』が重宝しそうでした。02

はい、所定の時間で消灯してしまいました ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ。
川中のスマフォの消灯設定は15秒(上の画像は30秒ですが)、最大で30分。

消灯後、時計を表示させるにはクリック・スライドと2動作必要(SH−12Cの場合)なので話をしているときには辛いもの。

そこで見つけてきたアプリが『KeepScreen』。
選択したアプリが動いている間は消灯しない、というそれだけのアプリですが、そういう機能が欲しかったので。

セミナーの時間配分には『KeepScreen』が重宝しそうでした。03

こちらが設定画面。

Application
このアプリを使用中は消灯をさせたくない、というアプリを一覧から選択。
(沢山のアプリが入っていますね〜、自分でもびっくり。)

Start/Stop Service
タップで、ON・OFFの切替が。
通常はON、ですよね。

Notification
スマフォ画面上部にアイコンが出ている、そんな画像がネットにありましたので、その表示のON・OFFと思われます。(SH−12Cでは表示されませんでした。)

Luminosity
画面の明るさの切り換え。
MINは暗めになるので、今回はMAXに。


注意点は、常駐ソフトを解除する(停止させる)類のアプリが入っている場合には、KeepScreenを対象外に設定しておくこと。KeepScreenも落とされると効果がありませんから。

とまあこんなんで、スマフォでバックライトを消灯させない設定が出来て、時計表示をず〜っとさせられるようになったのですが…、後日談。


セミナーの時間配分には『KeepScreen』が重宝しそうでした。04

NHK時計のアプリの設定にこんな項目が。
バックライト常時点灯
はい、NHK時計に限って言えば、このオプションをONにすることで、バックライト消灯を防げたのでした。


てきもさるものひっかくもの。


 起業・開業を応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・すまふぉ関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59375848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック