2012年10月18日

その土地がどのように道路に面しているのか、も土地評価の計算要素の一つです。

その土地がどのように道路に面しているのか、も土地評価の計算要素の一つです。

相続や贈与の際、土地の相続や贈与の際、その土地がいくらの査定になるのか、が重要ですね。

土地の査定、いやいや、『評価』と言う言葉を使うのが良いですね、
土地の評価の際の方法は大きく2つ。

・固定資産税評価額に所定の倍率を乗じて計算する方法
・どこの道路に面しているか、そこの路線価を基礎に面積を乗じることから始める方法。

路線価と言うには、その道路に面している標準的な宅地の1平方メートル当たりの千円単位の価額、として国が定めたものですね。

路線価で評価する場合、どのように道路に面しているかも計算要素の一つ。
例えば上の図のような場合、真ん中の土地を道路が取り囲んでいます。
四本の道路に接しています。
一本の道路に面しているよりも、四本の道路に面していた方が便利そう、
そんな感覚が土地の評価にも有ります。

そんな話を、何回かに分けて書いてましょうか。


 助成金・給与計算・社会保険のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | ・相続や贈与について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59347859
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

土地の一部分が道路に面している土地の評価はどのように計算するのか?
Excerpt: 今回は、土地の側面・裏面も道路に面している場合についての評価額の計算の確認をしてみましょう。 はい、上の図のような場合です。
Weblog: 川中重司、ほのぼのIT税理士!(^^)のブログ
Tracked: 2012-10-30 23:47