2012年06月24日

『味噌は寝て待て』マルカワみそさんは木桶で仕込みに一年かける。

『味噌は寝て待て』マルカワみそさんは木桶で仕込みに一年かける。01

北陸三国志ネット交流会は、福井県、石川県、富山県でネットビジネスをしている有志の学習と交流のためのグループである。
(とてもきれいな文章なので、こちらのブログから拝借しました(^^ゞ)

倶利伽羅合戦・北陸三国志のご縁での、北陸三県を股にかけての会社訪問。
今回の会場は福井県、まずは『マルカワみそ』さんを訪問し工場見学などを。

木の桶、『桶』と言うよりも『樽』という言葉の方が川中にはぴったりくるのですが、高さ3m以上有りそうな巨大な樽を使っての味噌造り。
中には130年以上使っている樽も有るとか。

『味噌は寝て待て』マルカワみそさんは木桶で仕込みに一年かける。02
熟成期間が3ヶ月なら金属の樽でも良いかも知れませんが、1年寝かすとなると木製で無いとダメなんです。
木が呼吸することや気温の変化をゆっくりと味噌に伝えてくれるからなのでしょうか。
(まさに『味噌は寝て待て』、帳簿の重さが堪えるなんて言ってはいけないんですね。)

もう一つの驚きが麹菌。
きな粉のようなきれいな粉、蔵に住み着いている天然の麹菌を採取して使っているそうで、その様な事が出来る蔵はもう少ないとか。

口調から作り手の情熱が伝わってきます。
先代から引き継いだ樽・麹菌、そしてこの情熱が、マルカワみそさんにしか作れない味噌を生むんですね。

お味噌と塩麹手作りセットを購入し、次なる見学先『ローズストーン』さんへ。
現場を拝見してその方から説明を聞く、とても貴重な体験をありがとうございました。


 起業・開業を応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 17:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・ITコーディネータ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56677436
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック