2012年05月08日

生命保険料控除の改正で源泉徴収票がますます細かくなりました

生命保険料控除の改正で源泉徴収票がますます細かくなりました

平成22年度の税制改正で、生命保険料控除が改正されましたよね。
従来の『生命保険料』と『個人年金保険料』の2区分から、
『生命保険料』、『介護医療保険料』及び『個人年金保険料』の3区分に。
併せて、控除限度額も見直しが入りました。

その余波で、源泉徴収票の様式が平成24年分から変更になっています。
細かくなりましたね、手書きでは無いので苦では有りませんが。

損害保険料控除が改正になったときのことを思い出します。
今でこそ新旧の控除証明書が混在していても(有利選択に)迷うことは有りませんが、初年度は、ふと考えました(^^ゞ。


上の画像は、国税庁のHPから転載・加工させていただきました。

参考:タックスアンサー『No.1140 生命保険料控除』


 相続のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・税制改正
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55699483
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック