2012年03月12日

会費なのか、寄付金控除の対象となる寄付なのか。

会費なのか、寄付金控除の対象となる寄付なのか。

先日『ユニセフへの寄付は4月から取扱いが変更になり注意が必要。』という記事でも書きましたが、今年の所得税確定申告の注意点の一つが寄附金控除。

税額控除の対象になる?所得控除の対象になる?それとも善意の支出?

ユニセフについては平成23年4月以降の寄付金から、
福井県共同募金会(共同募金運動)については平成23年1月1日以降の寄付金から、
従来の「所得控除」に加えて「税額控除」のどちらか有利な方式を選択可能です。
必要な税額控除の証明書は、ユニセフ福井県共同募金会のHPに掲載されています。

他方、寄附金控除(税額控除・所得控除)の対象となる寄付金扱いではなくて、会費扱いとなる支出も。
例えは社団法人福井県歯科医師会が呼びかけをされ会員の先生方から預かられた東日本大震災義援金。
こちらは会費的なな取扱いとなり、事業所得の損益計算書で経費に計上することとなります。

皆さんの善意、確定申告にもしっかりと反映させねば。


3月12日の福井県では雪交じりの天候に。
やはり、『3月15日までにもう一回雪が降る』という経験則は外れないようです。
ここまで来て風邪を引くわけにも行きません、健康に注意しながらこの時期を乗り切りましょう。
ね、全国の会計人の皆さん。


上の画像は、福井県共同募金会のHPから転載・加工させていただきました。


 3月15日まで後3日。(さらば〜地球よ〜♪)


 相続のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・徒然なるままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54402360
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック