2012年02月20日

社会保障・税一体改革大綱が公表されています

 社会保障・税一体改革大綱が公表されています

平成24年2月17日に閣議決定された『社会保障・税一体改革大綱』が首相官邸HPに掲載されています。

41頁から『税制抜本改革における各税目の改正内容等』が記載されています。
さっと、斜め読みしておきましょう。

(以下は、川中の勝手な斜め読みです。正確には本文にて確認ください。)

1.消費課税
(1)消費税
A 税率の引上げ
消費税の税率を次のとおり引き上げる。
 イ 平成26年04月01日6.3%(地方消費税と合せて8%)
 ロ 平成27年10月01日7.8%(地方消費税と合せて10%)
(注1)
上記の改正は、平成26年4月1日(ロについては平成27年10月1日)以後に行われる資産の譲渡等及び保税地域から引き取られる外国貨物について適用する。なお、工事の請負等について所要の経過措置を設ける。

B 課税の適正化
イ 事業者免税点制度
(イ)資本金1,000万円未満の新設法人に関する免税点制度について、5億円超の課税売上高を有する事業者が直接又は間接に支配する法人(親族、関連会社等を含めた資本の持分比率が50%超の会社)を設立した場合については、当該設立された法人の設立当初2年間については、課税事業者とするなど現行の資本金1,000万円以上の新設法人に対する措置と同様の措置を講じる。
(注)
上記の改正は、平成26年4月1日以後に設立される法人について適用する。

ロ 簡易課税制度
簡易課税制度のみなし仕入率については、(略)みなし仕入率の水準について必要な見直しを行うものとする。

ハ 中間申告制度
(イ)中間申告義務のない直前の課税期間の確定消費税額(地方消費税を含む。)が60万円以下の事業者のうち、自主的に中間申告を行う意思を有する事業者について、任意の中間申告(年1回・半期)を可能とする制度を導入する。
(注)
上記の改正は、平成26年4月1日以後に開始する課税期間に係るものについて適用する。


2.個人所得課税
現行の所得税の税率構造に加えて、課税所得5,000万円超について 45%の税率を設ける。
(注)上記の改正は、平成27年分の所得税から適用する。


3.資産課税
@ 相続税の課税ベース及び税率構造について、次の見直しを行う。
イ 相続税の基礎控除
現行
 5,000万円+1,000万円×法定相続人の数
改正案
 3,000万円+600万円×法定相続人の数

ロ 死亡保険金に係る非課税限度
現行
 500万円×法定相続人の数
改正案
 500万円×法定相続人(注)の数
(注)
未成年者、障害者又は相続開始直前に被相続人と生計を一にしていた者に限る。

ハ 相続税の税率構造
最高税率を50%→55%に引き上げ、区切り変更

A 未成年者控除及び障害者控除を次のとおり引き上げる。
イ 未成年者控除
現行
 20歳までの1年につき6万円
改正案
 20歳までの1年につき10万円

ロ 障害者控除
現行
 85歳までの1年につき6万円(特別障害者については12万円)
改正案
 85歳までの1年につき10万円 (特別障害者については20万円)
(注)上記@及びAの改正は、平成27年1月1日以後の相続又は遺贈により取得する財産に係る相続税について適用する。

B 相続時精算課税制度の対象とならない贈与財産に係る贈与税の税率構造について、次の見直しを行う。
イ 20歳以上の者が直系尊属から贈与を受けた財産に係る贈与税の税率
 最高税率を50%→55%に引き上げ、区切り変更

ロ 上記イ以外の贈与財産に係る贈与税の税率構造
 最高税率を50%→55%に引き上げ、区切り変更

C 相続時精算課税制度の適用要件について、次の見直しを行う。
イ 受贈者の範囲に、20歳以上である孫(現行 推定相続人のみ)を追加する。
ロ 贈与者の年齢要件を60歳以上(現行65歳以上)に引き下げる。
(注)
上記B及びCの改正は、平成27年1月1日以後の贈与により取得する財産に係る贈与税について適用する。


5.その他
社会保障・税番号制度の導入に伴う税制上の対応については、平成24年通常国会に提出したマイナンバー法の整備法において、次に掲げる所要の措置を講ずる



 確定申告のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・税制改正
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54083138
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック