2012年02月05日

WindowsLiveメールからThunderbirdへの引越はアドオンを使ってスムーズに。

WindowsLiveメールからThunderbirdへの引越の備忘メモ。

OutlookExpressからの移行であればメール・アドレス帳を取り込んでくれるのですが、WindowsLiveメールのDataは取り込んでくれなさそうなので、一手間かけます。

手順は大きく以下の2つ。
手順1.メールの取込
手順2.アドレス帳の取込
(はい、メッセージのルールは手動再設定です。)




手順1.メールの取込
まず『ImportExportTools』というアドオンをサンダーバードに。

WindowsLiveメールからThunderbirdへの引越はアドオンを使ってスムーズに。01
右クリックメニューに、インポート・エクスポートが追加されるので、インポート…。
WindowsLiveメールのフォルダを指定してやれば無事インポート終了、メールのデータは。


手順2.アドレス帳の取込
アドレス帳は、CSV形式でWindowsLiveメールからエクスポート→Thunderbirdでインポート、なのですが、こちらも一手間必要です。

WindowsLiveメールからThunderbirdへの引越はアドオンを使ってスムーズに。02
はい、一手間かけないとこうなります。(文字化けします。)
WindowsLiveメールからエクスポートしたCSVファイルを、エディタ等で『Shift-JIS形式』で保存し直せば、OK。

これで、メールとアドレス帳は引越完了。
残念ながら、メッセージのルールは引っ越しできないので、もう一度頑張りましょう(^^)。

ここで…
メールアカウント情報を設定しメールチェックを行ったところ、メールサーバーに残っていた過去のメールをしっかり受信してしまいました。
そう、ここ数ヵ月間のメールが二重になってしまったのでした。

さあ、二重になったメールの削除開始です。
手でやりますか?
それとも、何かのツールを探してみますか…?

(続く…)


 確定申告のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・メールソフト関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53458941
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック