2011年07月09日

windows7でのIPアドレスの切替はnetshコマンドの代わり代わりにヴァルヘルIPコンフィグで

windows8のユーザーインターフェースは“タッチ操作”に最適化される、なんて記事を読むと、ようやくwindows7の導入を始めた我が社には何時の話だろう・・・なんて。

さてwindows7を触り始めて躓いたことのひとつがIPアドレスの切り換え。
使用場所によって異なるIPアドレスを割り振る必要があるので、従来は『netshコマンド』で切り換えていましたが、これがWindows7では上手く動いてくれない。

御同輩も多いようで、対処方法も検索できました。
が、どうも上手くいかず、『ヴァルヘルIPコンフィグ』と言うソフトを試すことに。

有りがたい、簡単でした、Win7でもWinXpでも使えます。

windows7でのIPアドレスの切替はnetshコマンドの代わり代わりにヴァルヘルIPコンフィグで01
こんな感じで、複数の設定を記録しておけます。
設定変更は、タブを選んで『設定反映』ボタンをクリックするだけ。

windows7でのIPアドレスの切替はnetshコマンドの代わり代わりにヴァルヘルIPコンフィグで02
新しい設定の登録は・・・、
新しい設定にしておいて『新規作成』をクリックで、その時の設定を読み込んでくれます。

windows7でのIPアドレスの切替はnetshコマンドの代わり代わりにヴァルヘルIPコンフィグで03
設定変更の後は、ヴァルヘルIPコンフィグを自動終了にしておくとシンプルで良いですね。


今までbatファイルでやっていたことをソフトでするようになると、
何故か時の流れを感じてしまいます。
もうちょっと、古の技術(コマンドライン操作)を楽しみたい・・・。

でも、WinXpでもWin7でも使えるこのソフト、もう手放しません。
(各々の環境へ切り換える、ショートカットも作成できたり、便利です。)
『netshコマンド』で切替を行っているWinXpマシンも、『netshコマンド』は中止。
ヴァルヘルIPコンフィグで操作環境の統一です。


 相続のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・ソフト・ITツール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46616814
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック