2011年04月27日

銀行から届いたのは、仕組み。

銀行から届いたのは、仕組み。

定期積金を解約。
お金は普通預金口座へ入金してと通帳を預けたのに、現金を持ってきた。
で、改めて現金を持って帰って口座へ。

なんて効率が悪いんだろう。

と思っていたところへ銀行から封書が。

現金お届けについてのご確認。
(略)
さて、この度お客様のお支払い預金については、ご依頼のとおり担当者がお手元に現金をお届けいたしましたが、お取引内容についてご確認いただきたくご案内申し上げます。
(略)
1.お 取 引 日 
2.お 取 引 種 目
3.お取引口座番号
4.お 届 け 金 額


つまりこれは、現金を確実に預金者の手元に届けるための仕組み。
間違いを起こさないための仕組み。
仕組みが人をサポートする、川中も常々心がけていることです。


うん?
『ご依頼のとおり担当者がお手元に現金をお届け・・・』
わし、現金でもってきてって依頼したっけ?
口座に入れてって・・・???


 起業・開業を応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・徒然なるままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44557470
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック