2011年03月28日

中編:ShadowProtect(シャドウプロテクト)によるサーバーリカバリテスト

この記事は『前編:ShadowProtect(シャドウプロテクト)によるサーバーリカバリテスト』の続編になります。

ShadowProtect(シャドウプロテクト)というサーバー用のバックアップソフトを購入し、バックアップ・リカバリテスト。
万が一の時の状況でのテストなので、今動いているサーバーのHDDを交換してのリカバリテストです。

中編:ShadowProtect(シャドウプロテクト)によるサーバーリカバリテスト01

ドライブC:のリストアに4分16秒(^^)
ドライブD:のリストアに56分19秒(‥;)
リストア時間はデータの量に依るのでしょう、仕方有りません。

さて、リストアが完了しサーバーを再起動、無事OSが起動して・・・。
端末PCからサーバーにアクセスできません。
うん?とサーバーのドライブ状況を見てみたのが上の画像。
ドライブCとドライブDをリストアしたら、ドライブGとドライブHも出来ています。

そう、私は、ミラーリングを構築するという作業をすっぽかしていたのです
そしてご丁寧に、ドライブGとドライブHも作ってしまったのでした。

中編:ShadowProtect(シャドウプロテクト)によるサーバーリカバリテスト02
BIOSの画面。
実験に用いた1TのHDDがふたつ認識されています。
そう、ミラーリングになっておりません。

中編:ShadowProtect(シャドウプロテクト)によるサーバーリカバリテスト03
Windows上でのadaptecの管理画面。
もちろんこちらでも、ミラーリングが構築されておりません。

やり直し・・・。
ミラーリングを構築するところからやり直し・・・。

気持ちを入れ直してミラーリングの構築スタート。
5分経過して2%完了。
気持ちを入れ直して帰宅したことは言うまでもありません。

2011032804s.jpg

翌朝、まだミラーリング構築中でしたからね。99%まで行ったときには嬉しかった。
結局8時間弱(21:45〜07:35)かかったのでした。


その後のリカバリテストは順調に進み、新しいHDDへのリストア実験は成功。
万が一の時の備えが確認できたのでした。

それでは、『総括編』にて、ShadowProtect(シャドウプロテクト)によるリカバリ手順の確認です。
(万が一の時、このブログが有れば手順を思い出せますから。)


 助成金・給与計算・社会保険のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・ソフト・ITツール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44014171
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック