2011年02月22日

その5:バックアップソフト、LBは製品版を検証版として貸し出ししてくれる。

サーバー用のバックアップソフトを探す旅に出ています。
(この記事は『その4:バックアップソフト、twitterで教えたいただいたARについて確認』の続編になります。)
ネットで検索してみると、こんな感じかな。
AC LB SP AR
 1.起動用HDD  
 2.フル、差分バックアップ      
 3.ネットワークHDD対応  
 4.ブート用CD
 5.異なるハードへ × ×  
 6.検証版が有る  
 7.サイベース対応       ×
 8.ファイル単位のリストア    
 9.保守契約 有り 有り 有り  
(注:正確ではありませんよ、きっと(^^)。確認しなかった項目は未記入です。)

今回は、『AR』の次は『LB』について確認。
HPを見るとこんな記載が。

法人ユーザ様向けに、製品版と同等の機能を提供する評価版を、一定期間お貸し出しいたします。制限のある体験版とは異なり、すべての機能を評価、検証することができますので、製品をより安心してご導入していただくことができます。

全くです。
機能制限のある体験版は、検証用としてはチト力不足。
やはり、全ての機能の検証をしておきたいものです、特にバックアップソフトは。

申込後、早々に『準備が出来ましたのでお送りします』という親切な電話が。

これ幸いと色々質問させていただいて分かったことの一つに、
『異なるハードへのリストアが出来ない』と言う事が。

う〜ん、正直、異なるハードへのリストアなんて事はなかなか無いと思うんです。
でも、何年かしてサーバーが壊れた時、
ええいこの際、サーバーごと入替だ〜、なんて叫んだときに出来るか出来ないか。
やっぱり、出来ないよりは出来た方が良いと思うんです。

という事で、体験版(=製品版)の発送を一旦ストップさせていただきました。
異なるハードへのリストアが出来るバックアップソフトが有るので、そちらの検証を先に済ませよう・・・、と考えたわけです。

サーバー用のバックアップソフト、なかなか奥が深いです。
でも、どうせ導入するのなら、安心できる一本にしたいものですから。


 (『その6:バックアップソフト、SPは法人向けに検証版のダウンロード提供がなされている』へ続く・・・)


 確定申告のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司

posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・ソフト・ITツール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43525258
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック