2010年11月27日

相手の意図をちゃんと理解していますか?という事を再認識したのはBABOKの研修

『BABOK』なるものの研修に参加してきました。
『BABOK』については、『使えないシステムをなくすBABOKとは?』に分かり易い解説が有ります。
こちらから画像などををお借りしますと、

得意なことは「How」、必要なことは「Why」と「What」
相手の意図をちゃんと理解していますか?という事を再認識したのはBABOKの研修01

ビジネスアナリシス(BA)=「必要なこと」を明確にする活動
相手の意図をちゃんと理解していますか?という事を再認識したのはBABOKの研修02

ビジネスアナリシスとは、顧客にとって本当に価値のあるもの、必要とされていることを業務の関係者と一緒に背景から掘り起こし、明確にしていく作業のことを指します


という事のようです。
これらは、システム開発を行う際の、一番最初の部分として非常に重要な部分として解説が行われていたと把握しております。

この『BABOK』の研修で紹介されていたのが、下記の絵。

相手の意図をちゃんと理解していますか?という事を再認識したのはBABOKの研修03

・顧客が説明した要件 → 「ぶらさがる。のれる。前後に動く。より多くの機能。」
・プロジェクトリーダの理解 → 「機能はそんなには無理。現実線で。」
・アナリストのデザイン → 「それでは前後に動くという要件が満たされない。」
・プログラマのコード → 「大体こういう仕組みで良いんだろうな。」
・営業の表現、約束 → 「機能は抑えましたが、より高性能になります。」
・プロジェクトの書類 → 「あれ、その仕様どこに書かれてる?」
・実装された運用 → 「なんか使えなくね?」
・顧客への請求金額 → 「よろしくお願いします。」
・得られたサポート → 「あとは運用でカバー。」
・顧客が本当に必要だった物 → 「ぶらさがる。前後に動く。別にのれなくても良かった。」
 (ひとつの解釈として)

(絵と文字はProject Comedyから転載させていただきました。)

ニーズの背景にある何故?をお互いに理解し合わないままにシステム開発を行った、風刺絵のようです。


でも、この事って、システム開発だけに限られたことでは無いんですよね。
私ども、税理士とお客様との間ででも起こりえる事柄。


『何故それをされたいのですか?』
『それをされる狙いは何でしょう?』

こうしようと思うんだけれども? と質問されたときに、
極力、その隠された意図を把握しようとこの様な質問をするのですが、それでもなかなか合意形成にいたりません。


why?が明確にならないと、
how?が定まりません。

お互い、思い込むことなく、合意形成に努める事が大切だと再認識した次第です。
(思い込んでいる、と気付かないときがまた、厄介なんですが。)


 相続のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | ・研修のメモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41867083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

『どうして客の言うとおりに作ったんだ』なんて言われることも有るそうな。
Excerpt: 『どうして客の言うとおりに作ったんだ』ITコーディネータの定期例会・勉強会でのこと。聞いた話だけれども、と、ITコーディネータの一人がこんな話を教えてくれました。
Weblog: 川中重司、ほのぼのIT税理士!(^^)のブログ
Tracked: 2010-12-08 23:23