2010年10月31日

長男子供の干支が分かった西明寺(親睦会旅行その1)

長男子供の干支が分かった西明寺(親睦会旅行その1)01

親睦会の日帰り旅行で滋賀県へ。
訪れました『西明寺』。
(HPが有るんですね、もう、当たり前か。)
『国宝』の文字に期待が膨らみます。

長男子供の干支が分かった西明寺(親睦会旅行その1)02
一山目ですからね、皆の足取りも軽い軽い。


長男子供の干支が分かった西明寺(親睦会旅行その1)03
こんな上り坂も、

長男子供の干支が分かった西明寺(親睦会旅行その1)04
こんな処も超えてゆきます。
(この写真を撮るとき(下から構えているとき)Tさんから怒られました(^^ゞ)


たどりついた本堂で、いろんな解説をしていただきました。
住職の1代に1回のみ開帳される御本尊薬師如来、その脇侍(きょうじ)の日光菩薩(左)と月光菩薩(右)。
その両脇を固める十二神将は干支に対応していると。
長男の叫びに悩むこと数分、無事、私と同じ干支だと言うことが判明しました(^^ゞ


長男子供の干支が分かった西明寺(親睦会旅行その1)05
三重塔。
本堂もそうなのですが、たたずまいが良いですね。とても落ち着きます。

長男子供の干支が分かった西明寺(親睦会旅行その1)06
二大天王(多聞天と広目天)に見送られて下山。(今度は下りの写真ですよ。)

長男子供の干支が分かった西明寺(親睦会旅行その1)07
十一面小観音像
奉納者の氏名を永刻していただけるそうです。


『西明寺』、とても良い経験でした。
一山ではやこの感動、次が期待されます。

二山目の金剛輪寺に続く・・・


 起業・開業を応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | ・徒然なるままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41547558
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

体力の無さを痛感した金剛輪寺(親睦会旅行その2)
Excerpt: 親睦会の日帰り旅行で滋賀県へ。一山目の西明寺の次は『金剛輪寺』。
Weblog: 川中重司、ほのぼのIT税理士!(^^)のブログ
Tracked: 2010-11-01 16:04