2010年09月29日

英文メールはGmailの翻訳機能で翻訳してもらいましょう。

英文メールはGmailの翻訳機能で翻訳してもらいましょう。01

英文メール:Gmail君が翻訳した後。

原文は、こんな↓かんじ。
英文メールはGmailの翻訳機能で翻訳してもらいましょう。02

どうです?
ちゃんと翻訳されてますよね。


毎日、英文メールが届きます。
ほとんどがspam、Gmail君が一網打尽にしてくれます。
私は、英文のメールが届いていることすら意識しません。

でも先日、ど〜しても英文メールを、しっかりと読まなくてはならなくなって。
で、Gmailの翻訳機能を有効にしました。
(設定場所は、設定→Labs です。)

英文メールはGmailの翻訳機能で翻訳してもらいましょう。03

ここで、『有効にする』をクリック、『変更を保存』をクリックするだけ。


実際の、長文メールでの翻訳制度はまだまだです。
でも、無いよりずっと助かりますし、英文・日本語文の切り換えもサッと出来るので、両方見比べながらたどってゆけば、意味が分からなくも有りません、助かります。


どうして英文のメールを読まなくてはいけなくなったのか?
個人輸入でも始めた訳ではありません。
それは、次回にでも。


 起業・開業を応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・Google関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41004463
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック