2010年09月28日

3年以内既卒者を雇用した場合の奨励金は金額が大きい。(平成24年3月31日までの暫定措置)

3年以内既卒者を雇用した場合の奨励金は金額が大きい。(平成24年3月31日までの暫定措置)

・3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金
→正規雇用での雇入れから6ヵ月経過後に、100万円を支給

・3年以内既卒者トライアル雇用奨励金
→有期雇用期間(原則3ヵ月):対象者1人につき月額10万円、有期雇用終了後の正規雇用での雇入れ:対象者1人につき50万円

厚生労働省のHPに、上記のような奨励金が掲載されています。

奨励金の額は100万円、50万円など、目を惹く額になっています。
共に、対象は大学等を卒業後3年以内の既卒者を雇用した事業主。

パンフレットをざっと読んでの両制度の大きな違いは、
『・3年以内既卒者トライアル雇用奨励金』は、トライアル雇用を経る場合、
『・3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金』はトライアル雇用を経ずに雇用する場合、
でしょうか。

せっかくの補助金です、新規採用の際には活用したいものです。
パンフレットはこちらから。
3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金
3年以内既卒者トライアル雇用奨励金


(上の画像は、厚生労働省のHPより転載・加工しました。)


 助成金・給与計算・社会保険のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 00:00 | TrackBack(0) | ・助成金・補助金の関係
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40962179
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック