2010年09月27日

他のパソコンを親機にするLAN-W150Nは概ね良好

他のパソコンを親機にするLAN-W150Nは概ね良好

いつでも何処でもネットに繋がる。
そんな事が当たり前の時代になりました。

でも川中のノートパソコンやiPodは自力ではネットに入れず、出先ではもっぱらケータイ利用。

そんな時、ツイッターで見かけたこんなツイート:
本製品を取り付けたパソコンが有線LANでインターネットに接続している場合は、本製品をアクセスポイントとして、無線クライアントからワイヤレスでインターネットに接続することができます。(1,580円)

これは良さそうな。

川中が遠方へ出かけるときには、隣にネットブック(自力でネットに繋がるノート)が有る事が多いので、そのネットブックにこれを取り付ければ、そこからの電波で、こちらもネットに入れる・・・(^^)v

まずは手持ちのパソコンでテスト。
が、ど〜してもネットに入れず。
無線はキャッチしているのに、ネットには入れない。

困りに困って、初期化済みの古いノートを立ち上げての通信チェック・・・はすんなりOK。
両者の違いは・・・『Zone Alarm(ゾーンアラーム)』。これが親機側に入っていると子機はネットに入れない。


遠方出張のある日、
ネットブックを経由してのネット接続は良好でした。
ノートパソコンもiPodも、問題なくネットに入れます。
が、突然切れるという症状が発生。
自宅のテスト環境ではそんな事はならなかったのに、なぜ???


横を見ると、ネットブックが閉じられてる(‥;)。
子機側の接続が切れてしまうのは当然。

LAN-W150Nを使う上での大きな問題点。
それは、親機にするパソコンのオーナーとのコミュニケーションなのでしたヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ


(画像は、ロジテックのHPより転載させていただきました。)


 ネットビジネスを応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・パソコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40923456
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック