2010年06月07日

平成21年分の所得税の確定申告は、件数納税額共に減少

平成21年分の所得税の確定申告は、件数納税額共に減少
(この画像は、国税庁のHPより転載しました。)

平成21年分の所得税、消費税及び贈与税の確定申告状況等について』という資料が国税庁のHPに公開されています。

これによると・・・・所得税の申告件数は減少
 0.1%、平成10年分以来の減少
 還付申告件数は5年連続増加

・所得税の申告税額
 2年連続減少

・譲渡所得
 土地の譲渡所得は、件数・申告額共に減少
 株式等の譲渡所得は、件数増加・申告額減少

・e−tax
 所得税の確定申告書の提出人員に占めるITを利用した提出人員の割合は40.6%
署でのIT利用件数の伸びが高い


署でのIT利用件数の伸びが高い・・・
例年、確定申告の説明会の応援に行きますが、今年から様変わりしました。
15人くらいを受け持って、申告書を最後まで記入していただく方式から、事前点検だけして後はオペレーターによる入力操作説明。
早くて間違えません。
この流れは来年も続くことでしょう。

(早く、全市町村で地方税電子申告が対応になって欲しい・・・。)


 助成金・給与計算・社会保険のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・税理士関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40034583
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック