2010年02月02日

福井県内法人の黒字申告率は29.6%

福井県内法人の黒字申告率は29.6%
(この画像は国税庁のHPから転載しました。)

金沢国税局の報道発表資料に
平成20事務年度における法人税及び源泉所得税の課税の状況について(平成21年12月1日)
なるものがありました。これによると、平成20事務年度おける、
北陸3県の法人の黒字申告割合は29.5%(福井県では29.6%)。

実地税務調査件数 3,049件
申告漏れのあった件数 2,231件(約73%)
調査1件当たりの申告漏れ所得金額 6,129千円(平均)

不正経理の形態のTOP3は、
 1.棚卸除外
 2.架空外注費
 3.架空経費


いかが、ですか?


 ネットビジネスを応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・税理士関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40034280
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック