2009年11月15日

修理あけのパソコンはもはや新品、SSDでも入れてみようか。

修理あけのパソコンはもはや新品、SSDでも入れてみようか。

先日の記事『修理しても直らないパソコンは保守契約が命綱』でメーカー送りとなったノートが帰ってきました(^^)。

約一週間の外出で、彼はどのように生まれ変わったのでしょうか?

同封された書類を見ると・・・

1項目目:
・今回、メインボード、LCD、トップカバー、LCDケーブル、交換を実施いたします。

これは訪問修理の時に、2回も交換していただきました。が、予想された修理です。


2項目目:
・CPU交換を実施いたします。

間欠的に電源が切れる状態が確認された、とのこと。
CPUが問題になる事が有るんですね。
そんなヘビーな使い方はしていないと思うのですが。


何はともあれ、5年目に入ったこのノートパソコン。
これで順調に動いてくれれば言うこと有りません。

これで、交換していないパーツは何が残っているしら?
キーボード、とHDDくらいかな?

これなら、さながら新品になったこのノートなら、SSDに交換しても良いかも知れませんね。
あと数年は使えそうです(^^)v


 起業・開業を応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・パソコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40034187
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック