2009年05月14日

(後編)マルチカテゴリの魅力・酒屋編

この記事は『マルチカテゴリの魅力・酒屋編(前編)』の後編になります。

せっかく酒屋さんを例にMT(MovableType)でHPを作成したので、もう一つ解説を。
サンプルのHPはこちらから


(後編)マルチカテゴリの魅力・酒屋編01
カテゴリ『店主おすすめの逸品』に登録されている『壱乃醸 朝日』の記事のアドレスは、
/syouyuu/ichinojou-asahi.html
となっています。

カテゴリ『芋焼酎』のアドレスは
/syouyuu/gennryou/imo/
となっています。

これらは全て、MT(MovableType)での設定によりなされています。


設定は下記の3つ。
1.カテゴリのフォルダ名を指定
2.記事のファイル名を指定
3.記事のアドレスの出力形式を指定

1.カテゴリのフォルダ名を指定
(後編)マルチカテゴリの魅力・酒屋編02
カテゴリ登録画面から、カテゴリ名称をクリックして、開いた画面の『出力ファイル/フォルダ名』で、カテゴリのフォルダ名を指定。
ここでは、『syouyuu』(おや?焼酎じゃあなくて醤油になっている(‥;))と指定。

(後編)マルチカテゴリの魅力・酒屋編03
同様にここでは、『imo』と指定。


2.記事のファイル名を指定
(後編)マルチカテゴリの魅力・酒屋編04
記事投稿の画面で、『出力ファイル名』を指定することにより、思い通りの記事のアドレス(ファイル名)が実現できます。
ここでは『ichinojou-asahi』と指定。


3.記事のアドレスの出力形式を指定
(後編)マルチカテゴリの魅力・酒屋編05
(クリックで拡大されます。)
実は、この3番目の設定をしないと、狙い通りになりません。

記事のアドレス(ファイル名)をどのようにするか?
と言う設定が出来ます。

投稿年月日をベースに設定するのか、
カテゴリのフォルダ名をベースに設定するのか。
企業HP作成であれば、カテゴリのフォルダ名をベースにした方が分かり易いでしょうから、上のような指定をします。

これで準備完了。
あとは記事を書いて保存・再構築すれば、指定したフォルダ・ファイル名のアドレスの記事が出力されます。


このような指定をして作成したのが、酒屋さんのサンプルHPです。
最初に指定さえしてやれば、後は記事を投稿するだけで企業HPが作成されてゆきます。
この辺りが、ブログシステムを使用してHPを作成するメリットですね。


 ネットビジネスを応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITC 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・MovableType・Nucleus
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40033983
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック