2009年03月31日

EASEUS Partition ManagerでのHDDコピーは概ね良好

EASEUS Partition ManagerでのHDDコピー01

以前の記事『後編:EASEUS Partition Managerを使ってみる』でパーティーション操作がなかなか好印象だったフリーソフト『EASEUS Partition Manager Home Edition

今回は、機能の一つ『Disk Copy Wizard』を使ってのHDDコピーをしてみました。

と言うのも、今まで使っていたHDDコピーソフトが何故が使えなかったのでやむを得ず・・・。

EASEUS Partition Manager Home Edition』はWindows上で動くソフトでUSB接続のHDDも認識します。
で有れば、内蔵HDD==>>USB外付けHDDへのコピーも出来るでしょうから。

結論としては『概ね良好』。
以下、その手順です。

EASEUS Partition ManagerでのHDDコピー02

EASEUS Partition Manager Home Edition』を起動したところ。
ドライブC:(内蔵)とドライブE:(USB外付け)が表示されています。
今回は、ドライブC:(内蔵)からドライブE:(USB外付け)へのコピーを行います。

まずは、『Disk Copy Wizard』をクリック。


EASEUS Partition ManagerでのHDDコピー03


コピー『元』を指定し、NEXT。


EASEUS Partition ManagerでのHDDコピー04

HDDのチェックが行われます。


EASEUS Partition ManagerでのHDDコピー05

コピー『先』を指定し、NEXT。


EASEUS Partition ManagerでのHDDコピー06

目的先のHDDにはパーティションが有ります。目的先のHDDは空でないとダメなんだけど、パーティション消しても良い??
と、聞いてくるので、良いよ、として、NEXT。


EASEUS Partition ManagerでのHDDコピー07

EASEUS Partition ManagerでのHDDコピー08

EASEUS Partition ManagerでのHDDコピー09

Applyを押さないと、反映(実行)されません。


EASEUS Partition ManagerでのHDDコピー10

再起動すればいいですか? 良いよ!


EASEUS Partition ManagerでのHDDコピー11

再起動後、HDDのコピーが始まります。
DOSベース、では無くてリナックスベースなんでしょうね、きっと。

所要時間は忘れましたが、40GのHDDが20分程度でコピー出来たと思います。

昔の経験から、USB接続ではHDDコピーは出来ない、と思いこんでおりましたが、なんのその。
結果は非常に満足でした、1点を除いて。

隠しパーティションが表に出てきちゃうんですね。
DELLに限らず、メーカー製パソコンの場合、HDDの一部を隠しパーティションにして、そこにリカバリーツールなどが入っていることが多いと思うのです。
この隠しパーティションが表に出ちゃいました。

フリーソフトですし、自作パソコンであれば問題なし。
隠しパーティション非対応が痛かった、ちょっと残念。

でもでも、非常に満足、です。
とりあえず常備、です。


 ネットビジネスを応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITC 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・ソフト・ITツール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40033937
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック