2009年03月28日

J-SaaSは2009年3月末にサービス開始

J-SaaSは2009年3月末にサービス開始
(画像は、J-SaaS情報提供サイトより転載しました。)

先日、武生商工会議所でJ-SaaSの会合に参加してきました。

J-SaaS、まだまだ聞き慣れない言葉ですが、経済産業省が進める『中小企業が元気になるための施策』です。
(このコピーも、J-SaaS情報提供サイトからの転載です(^^ゞ)簡単に言うと、『色々なソフトをインターネット経由で利用できる環境を構築し中小企業の経営効率を強化してもらおう』という事なのでしょう。
現在発表されている使用可能サービスは、会計・給与・社会保険・仕入販売といった通常事務業務が主ですが、この仕組みを使えばEDIも導入可能になるかも知れません。


当然、e-Tax(国税電子申告)にも対応しているのですが、こうなると気になるのが『ザイモン』。

e−Tax(国税電子申告)で送信したDataをそのまま金融機関に送信すると借入利率を低くする金融機関が出てきた、という内容でした。
詳しくは、下記の記事を参照下さい。
e−Taxをしない企業は不利になる時代に
e−Taxをしない企業は不利になる時代に・続報

会計ソフト ==>> 税務申告 ==>> 金融機関の審査

この流れがオンラインで出来るのであれば、

通帳の動き ==>> 会計ソフト の流れがJ-SaaSで出来るようになっても不思議ではありません。

目が話せないJ-SaaSなのですが、ちょっと情報不足ですね。
『2009年3月末にサービス開始』、あと4日です。


 ネットビジネスを応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITC 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 04:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・ITコーディネータ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40033934
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック