2009年03月10日

研修の補助資料05:TBは自分のブログ内でこそ活用しよう

研修の補助資料05:TBは自分のブログ内でこそ活用しよう01

seesaaブログでHP作成:研修補助資料5です。
研修会のご案内はこちらから。

このブログでトラックバック(TB)についての質問をいただきましたので、TBについて書いてみます。

今回は前半:『TBは自分のブログ内でこそ活用しよう』です。

1.トラックバックとは何?
TBとは、相手のブログに勝手にリンクを貼り付けること(リンクを表示させること)、で、RSSと並んでブログの便利な機能の一つです。

例えば、
『ながとそば』の『かつとじ定食』は美味しいよ。HPはここだよ。
http://nagatosoba.seesaa.net/article/34589214.html
と、自分のところに相手のへのリンクを記載するのが通常の『リンク』。
逆に、
『私もかつとじ定食』を食べに行って美味しかったので記事にしました。その記事のアドレスはxxです。
と、『ながとそば』の『かつとじ定食』の記事に、自分の記事へのリンクを、勝手に貼り付けてしまうことがトラックバックです。

リンクは、こちらから先方へ飛びます。
TBは、先方からこちらに飛んでくるリンクです。


2.TBのやり方はこうします。
とても簡単です。
記事毎に、TB用のアドレスというものが決められているので、そのTB用のアドレスを、自分のブログ記事の所定の欄に入力するだけです。

具体的には、
上の画像で、赤線部分がその記事のTB用アドレスです。

研修の補助資料05:TBは自分のブログ内でこそ活用しよう02

このアドレスを、ブログ記事入力画面にある『トラックバックURL(Ping送信先URL)』に入力して、記事を再構築すれば完了です。
(基本的に、です。)

これで、先方の記事に自分の記事へのリンク(=TB)が表示されます。
ただし、このブログのように、オーナーの承認後でないと表示されないものもあります。

実際にやってみないと分かりにくいものなので、是非、自分で自分のブログの他の記事に対してTBをやってみてください。


3.自分のブログ内でTBを貼り付けることにより訪問者を誘導しましょう。

そう、TBは、他人のブログに対してしか出来ないものではなく、自分で自分のブログにTBを貼ることも出来ます。

これは自分のブログに来た訪問者を、自分のブログの他の記事に誘導する方法として活用できますよね。

この記事を読んだのなら、関連する記事がこちらにも有るよ。こっちも読んでみて。
と言う誘導が出来るわけです。


是非是非、この便利なトラックバックという機能を使い込んでください。


ところがこの便利なTB機能を悪用して、自社のサイトに訪問させることを目的として、全く関係のない記事にもひたすらTBを張ってゆく迷惑TBが多いのも事実です。

後半では、迷惑TBの防止方法をお話ししましょう。


 ネットビジネスを応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITC 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・seesaa(さくら)ブログのカスタマイズメモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40033914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック