2008年12月02日

学習机に学ぶネットとリアル店舗の競争

学習机に学ぶネットとリアル店舗の競争

12月に入り、会計事務所では年末調整の時期でしょうが、家具屋さんにとっては学習机を売る大切な時期でしょう。

そんなことを思いながら学習机コーナーをぶらついていたら、店員さんが親切に色々と教えてくれます。

そこで気になった一言がこれ。
この商品は、当店とメーカーの共同開発のオリジナルで、カタログにも載っていないんです。
確かにその商品は、カタログには掲載されていませんでした。

その『当店』が独自色を出そうと頑張ったのかな?

いやいやこれは、ネットショップ対策なのでは???

同一商品で有ればネットとリアル店舗は価格競争に突入しますが、『同一』で無ければ、デザインがちょっと異なれば、価格競争を避けることが出来るかも知れません。

この『オリジナル学習机』が別系列の店舗にも置いてあれば、答えははっきりしそう・・・ですね。


 税理士法人川中経営
  税理士・ITC 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・徒然なるままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40033808
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック