2008年11月12日

DVDの規格に翻弄されて

DVDの規格に翻弄されて
(画像は、下記より転載しました。
http://www3.toshiba.co.jp/hdd-dvd/products/hdd/rd-xs41.html

結局、26時までかかっても上手くいかず、
結局、DVDの規格の問題・・・、という事を備忘メモを兼ねて。

店頭には種々のDVDのメディアが販売されています。比較的新しいパソコンであれば結構対応しているのでしょうが、古い機器の場合には使用できるメディアが限定されてきます。

一層式であれば基本的に『DVD-R』、では二層式の場合には?DVDのバックアップを頼まれました。
通常だとDVD Shrinkで圧縮してDVD-Rに焼いてお終いなのですが、1回の圧縮では一層式のDVDには収まりきらない強者でした、このDVDは。

やむを得ず『DVD+R DL』を購入してきて二層式DVDに焼くも、他の機器で認識せず。
(実は、まともに『DVD+R DL』に焼けるようになるまでに2枚のメディアと数時間を無駄にしましたが、その話はパス。)

認識するパソコンがあると言うことは、メディア側の問題ではなくハード側の問題と考えてググった結論は・・・。

メディアの互換性は DVD-ROM ==> DVD-R ==> DVD+R の順に低くなる。
DVDプレーヤーはDVD+Rには対応していない。
古い機器になると、DVD-R もダメ、DVD-ROM のみ。
この場合、『DVD+R DL』をROM化することにより『DVD-ROM』に出来、古い機器でも再生できる。
(注)ROM化は対応するドライブとソフトが必要。

と言うことは、一層式ならば『DVD-R』、二層式ならば『DVD+R DL』でROM化、かな。

今回の教訓:ライティングソフトはドライブ対応のものを使いましょう。
(今回、nero8の試用版にはお世話になりました。結構良いかもしれない。)


 税理士法人川中経営
  税理士・ITC 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ・徒然なるままに
この記事へのコメント
ひさしぶりにここに来ました。
Macが壊れてから行けなくなってました(笑)

つかささんよりはず〜と低レベルな話ですが
僕もこないだDVDの規格でこまりました。

某電気量販店で係の人に
生DVDについて説明をうけました。
が…
さっぱりわからず
違う店員に聞いたらなんとなくわかり購入!
でも家でうまくいかず
次の日、違う量販店に行き
また説明を受け昨日のとは違うものを購入!
それでなんとかいったのですが
僕のしたいことの100%はならず…

データ用、映像用、DVD-R
DVD+R、DVD-RDL…

今の技術ではオールインワンにはできなかったんでしょうか!?
メーカーの戦略的なこと…
よくわからないですけど
諸費者はこまりました(笑)
Posted by hkz at 2008年11月19日 15:13
hkzさん、こんにちは。
名前を見る前に文章で人が分かる、「文章は人なり」ですね(^^)

やっぱりDVDはややこしいですね、実は今日もサプライズが。
地デジ放送番組をDVDに焼いたものは、古いDVDプレーヤーでは再生できないことを、本日知りました。

次はどんなサプライズがあるんだろう。
本当に、消費者は困りました(×_×)
Posted by 川中重司 at 2008年11月23日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40033788
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック