2008年10月26日

子供の姿に思わず涙、感動をありがとう。

子供の姿に思わず涙、感動をありがとう。01

小学校で発表会があり、各学年毎の発表が順次行われてゆきました。
『あ〜、子供ってこうやって大きくなって行くんだなぁ』と、自分の子供の学年でもないのに、涙が出ました。子供の姿に思わず涙、感動をありがとう。02

高学年にもなると立派なものですが、低学年の子の一生懸命歌う姿に、また涙が・・・。

子供の姿に思わず涙、感動をありがとう。03

鯖江中学校からはブラスバンド部(今は吹奏楽部と言うのかな?)のお兄さんお姉さんが応援に来てくれました。
(この小学校出身のお姉さんへのインタビューも有りましたよ。)
最後は、鯖中名物の『YMCA』で盛り上げてくれて、さすが中学生の演奏は小学生とは違います。(でも、マイクを持っているときに恥ずかしながらやっているのが分かったり。まだまだ中学生です。)

心が洗われたような(^^)素敵な時間でした。


 税理士法人川中経営
  税理士・ITC 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | ・徒然なるままに
この記事へのコメント
保育園時代はビデオカメラで園の行事の子供たちを撮っていましたが、家では何にも云わないが、年々難しいことをしている姿にカメラを覗きながら感動して涙でよく見えなかったことを思い出します。あれから20年・・最近当時の保母さんをマラソンの参加名簿で見かけるが、まだ会えていない・・次の大会には出てたなら会いたいですね。
子供たちも大きくなったことやまだマラソン続けてますなどを語りたい・・
Posted by まっする at 2008年10月26日 04:40
まっするさん、いつもコメントありがとうございます。
(とってもRESが追いつきません(^^ゞ)

|家では何にも云わないが・・・
子供が家で口ずさんでいた歌の正体が、発表会の曲だと、当日になって分かりました。
はや、父親失格に片足を突っ込んでいる私です。

保母さんに会えると良いですね。
私も、子供が大変お世話になった保母さんがいらっしゃいます。いつか、成長した姿を見てもらいたいと思っています。
Posted by 川中重司 at 2008年10月26日 21:48
きょう初めての勝山クロカンで昔家の前の鳥羽小いた加藤先生を見かけたが、話しも出来ませんでした。わたしは5kmでしたが先生は10kmに参加されたようで、たまたまスタートの時間差でほぼ同時にゴールしたのに・・加藤先生は今どこの学校の先生してるのかな・・鯖江からはあまり参加してる人はなかったようです。初めての恐竜博物館には館内があまりにもきれいでびっくりしました。県立だからこんなところに税金を使うのはとてもいいことだと・・それにしても凄いですね。
Posted by まっする at 2008年10月26日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40033769
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック