2020年01月20日

サーバーHDD交換のメモ

サーバーHDD交換のメモ01

サーバーのHDDに行っているミラーリングが外れたので、
ミラーリングの再構築までの手順のメモ。

◆前提
・ミラーリングは、母板の機能を用いている。
・母板のSATAのポートは6つで、使途は以下。
 SATA01:SSD (ミラーリング01)
 SATA02:SSD (ミラーリング01)

 SATA03:HDD (ミラーリング02)
 SATA04:HDD (ミラーリング02)

 SATA05:HDD
 SATA03:DVD

この状態で、本来は、上の画像のような状態。

◆大まかな流れ
何が何処に繋がってるかの確認
問題を生じたHDDの交換
再構築の実行
動作確認

サーバーHDD交換のメモ02

HDDのミラーリングが外れている…。

BIOS上では、
SATA01と02にSSD、
SATA03と04と05にHDD、
SATA06にDVDが認識されていた。

◆問題のHDDの把握
SSD、HDDの画像をクリックすると、
上から、
SSD:ポート0 (ミラー)
SSD:ポート1 (ミラー)

HDD:ポート3   (ミラー)
HDD:不明なポート (ミラー)

HDD::ポート4

つまり、
SATA01:ポート0
SATA02:ポート1
SATA03:ポート2
SATA04:ポート3
と言うように、番号が1つずれる。

問題のHDDはSATA3に繋がっているHDD。
サーバーケースが開けられなかったので(^^ゞ
ケーブルが確認できず。
ケースフロントからHDDを取り出して、
両方のHDDを交互に取り出して、
問題のHDDを把握。
(今回はケース上部のHDDだった)

サーバーHDD交換のメモ03

HDDを交換して電源投入した後の画面。
画面右側には、HDDアイコンが増えている。
これが、交換のために接続したHDD。(まだミラーはかかっていない)

『別のディスクに再構築』をクリック。

サーバーHDD交換のメモ04

どのHDDでミラーをかけるかの選択。
今回は、ポート2に繋げたHDDとの再構築。
(ポート4は単体で使用しているHDD、HDDは全て同じなので紛らわしい。)

サーバーHDD交換のメモ05

『再構築』のボタンをクリックで再構築スタート。
CPUの負荷も3%程度、サーバーは通常使用OK。
(念のために、夜間に行いましたが。)


インテル ラピッド ストレージ テクノロジーを使用し、
ネット上に情報も多かったので、
無事に交換完了。

次回、無い事を祈りますが、
次回に備えて、備忘メモでした。

posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 20:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | ・パソコン
この記事へのコメント
憲法改正を急ぐ理由を知って下さい
管理人様、お邪魔致します。
改憲の議論が進まぬ中、中国が連日 日本の領海侵犯を強化し、尖閣奪取を狙っている現状を、中国に侵略されたチベットや、今の香港等の姿と重ねて多くの皆様に今どうか知って頂きたく思い、恐れながら書き込ませて頂きました。

戦後日本を弱体化させる為、アメリカが作成した日本国憲法施行後、韓国が竹島を不法占拠し、その際日本の漁船を機関銃で襲撃し、多くの船員が死傷しました。

北朝鮮は国民を拉致し、日本全土を射程に入れるミサイルを数百発配備しており、尖閣には連日中国艦艇が侵犯する現状でも、憲法の縛りで日本は国を守る為の手出しが何一つ出来ません。

現在まで自衛隊と米軍の前に、中国や北朝鮮の侵攻は抑えられて来ましたが、米軍がいつまでも守ってくれる保証は無く、
時の政権により米軍が撤退してしまえば、攻撃されても憲法により敵基地攻撃能力が無い自衛隊のみでは、
日本はチベットと同じ道を辿りかねません。

9条の様に非武装中立を宣言しても、平和的で軍事力の低かったチベットウイグルを武力で侵略虐殺し、現在進行形で覇権拡大を行い「日本の領海を力で取る」と明言している中国や

核ミサイルで日本を狙う北朝鮮、内部工作を行う韓国が沖縄尖閣等から侵略の触手を進めているからこそ、GHQの画策により戦う手足をもがれた現憲法を改正し、
自立した戦力と抑止力を持たなければ国民の命と領土は守れないという事を
中韓側に立ち国民を煽動する野党やメディアの姿と共に 一人でも多くの方に知って頂きたいと切に思い貼らせて頂きます。
https://pachitou.com
長文、大変申し訳ありません。
Posted by aki at 2020年05月29日 19:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187059072
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック