2016年08月14日

達人達は準備が違うと痛感、そして、さようなら『エクステンザ・R1X』

達人達は準備が違うと痛感、そして、さようなら『エクステンザ・R1X』01

『パーン』と乾いた音。
一瞬、何の音か分からずに。
でも、多分、発信源は自分、他のメンバーでは無くて。

池田町の奥に有る冠山の峠から下りてくるサイクリングの途中。
他のメンバーと再開し、速度はほとんど出ていない時。
後輪は見事にぺったんこ。

何かが刺さったのか?とタイヤをチェックすると、裂け目発見。
う〜ん、つい先日も有ったような。

チューブはスペアが有る。
でもタイヤまでは。
パンク修理のパッチを内側に貼る?
(おっと、最近はパッチでは無いタイプを持ってるんだった)
緊急回避的に、『お札をかませると良い』と聞いたことも。

『(自分は)予備のタイヤも持ってきてますよ』
『ガムテープの布製のやつを持ってると良いですよ』
『ポイントカードを当てると良いですよ』
周りの達人達の声。

『タイヤブート有りますよ』
っと、避けたタイヤの内側に貼り付けるテープを取り出してきた達人S。
(タイヤブートが大きいときは)半分に切ると良いですよ、と小さなハサミと共に。

また、達人Kは、メーターが付いた”携帯用”の空気ポンプ。

達人の準備(装備)は違いますね、とても参考になります。
お陰様で、その後の走行は問題なくクリヤ。


さて、見事にサイドカットしたこのタイヤは『エクステンザ・R1X』。
今シーズンに初投入した25C。
で、サイドカットは2回目。
1回目はこちら
この時は道路のマーカーに突っ込んだことが原因だろうと諦めたのですが、
さすがに今回は、???

達人達は準備が違うと痛感、そして、さようなら『エクステンザ・R1X』
表面のひび割れ(?)が入った事も有り、川中との相性は良くないと判断。
乗り心地は凄く気に入っていただけに、残念。

次のタイヤをどうする?
お世話になっているショップは18日までお休み…。
はい、前述のタイヤブート等と共にポチリました。
到着は明日、有り難いです。


 相続のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・ロードバイク(自転車)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176476979
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック