2016年01月08日

法人への利子割りの課税が廃止されましたね、利払い日が平成28年1月1日以降から。

法人への利子割りの課税が廃止されましたね、利払い日が平成28年1月1日以降から。

税制改正は毎年。
12月16日に決定された平成28年度与党税制改正大綱では、消費税の還付制限も盛り込まれました。
しかも『平成28年4月1日以後に高額資産の仕入れ等を行った場合について適用』。

そんな大きな改正では無いのですが、
今年の1月1日以後は、法人への利子割り課税が廃止されましたね。
利息の5%が地方税として課税されていた分。

赤字決算だと還付請求をすることになり、税収どころか還付事務手間増大が問題になっていたとか。
普通法人2,609,368の内の1,874,101、実に72%弱が欠損ですから、この改正も分かります。
(数字は、国税庁の統計資料より。)

個人への利子割り課税は継続、こちらは還付が無いからですね、きっと。
その個人、年末調整も大詰め、次いで確定申告へ。
暖冬で行きが未だ無い鯖江市。
この天気のように確定申告も穏やかに進めて行ければと思うばかりです。


 相続のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・税制改正
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171598083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック