2015年11月02日

扶養控除等申告書に個人番号の記載を省略できる場合がある。

20151102.png

11月に入り、一気に寒くなった感が有ります。
さて、寒くなると年末調整、でもありませんが、年末調整とマイナンバーのお話。

扶養控除等申告書へのマイナンバーの記載を省略することができるのでしょうか?

国税庁のFAQに参考となる質疑が掲載されています。

Q1-7扶養控除等申告書が提出される際には従業員の個人番号を記載させずに、給与支払者が税務署から当該申告書の提出を求められた場合にのみ補完記入して、提出すればよいですか。

(答)
扶養控除等申告書は給与支払者への提出期限までに、全ての記載項目を記載した上で、給与支払者に提出する必要がありますので、税務署から提出を求められるまで記載を猶予することは認められません。

→はい、全ての項目を記載すべきなのであって、省略は許されない、と。


Q1-9扶養控除等申告書の個人番号欄に「給与支払者に提供済みの個人番号と相違ない」旨の記載をすることで、個人番号の記載に代えることはできますか。

(答)
平成28年1月以後に提出する扶養控除等申告書には、
従業員本人、控除対象配偶者及び控除対象扶養親族等の個人番号を
記載する必要がありますので、
その記載内容が前年以前と異動がない場合であっても、
原則、
その記載を省略することはできません。

しかしながら、
給与支払者と従業員との間での合意に基づき、
従業員が
扶養控除等申告書の余白に
「個人番号については給与支払者に提供済みの個人番号と相違ない」旨を記載し
た上で、
給与支払者において、
既に提供を受けている従業員等の個人番号を確認し、
確認した旨を扶養控除等申告書に表示するのであれば、
扶養控除等申告書の提出時に
従業員等の個人番号の記載をしなくても差し支えありません。

なお、
給与支払者において保有している個人番号と
個人番号の記載が省略された者に係る個人番号については、
適切かつ容易に紐付けられるよう管理しておく必要があります。
(以下、省略。)
(改行は、川中の個人的な思いで加えられています。)

→結構ハードルが高いですね。
 このFAQが公開された趣旨を考えてしまいました。


画像は、国税庁のHPから転載・加工させていただきました。


 助成金・給与計算・社会保険のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・マイナンバー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167004503
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック