2015年06月05日

Edge500の速度表示が半分になったりしたらそれは、電池交換のサイン。2015BRM530の経験より。

Edge500の速度表示が半分になったりしたらそれは、電池交換のサイン。2015BRM530の経験より。01

これはかなりマズイ。

そう認識したのはPC1に到着したときのこと。
キューシートによるとここまでの距離は58.2km。
それを、Edge500は『50.4km』と。

距離がおかしい…。

今は2015BRM530、能登半島ぐるっと一周400kmをスタートしたばかり。
道中のポイントとなる地点は『何キロ地点』という一覧表で確認してゆくのに、走行距離が分からないと…マズイ。
eTrex30も有りますからそちらで距離を表示させても良いのでしょうが、予備機が無くなるわけで…。

ガーミンのセンサーとマグネットの位置がすれてしまったのか?
いいや、問題無さそう。

そういえば、ちょっと前からEdge500の速度表示がフッと半分になる症状が。
故障かな〜。
修理送り?
速度表示だけの問題ならしばらく放置して…。

でも、距離にも影響が出ていたなんて。
どうしよう…、何が出来る?
ダメ元で電池交換でもしようか…。
道中にホームセンターは無くても、コンビニになら電池が有るかも知れない…。

Edge500の速度表示が半分になったりしたらそれは、電池交換のサイン。2015BRM530の経験より。02

と思ったものの、ホームセンターどころかコンビニも見あたらない道を走ること一時間。
先に行って下さい、電池交換します。
と叫んで、ホームセンターらしき建物に駆け込んだのでした。

電池交換後、若干『速度表示が半分になる症状』が出て、
電池が原因では無かったかと諦めもしたのですが、その後は落ち着いて。
トータル10kmほどの差異で済みました。

ホームセンターが有って良かった、幸運でした。
ブルベの時に限って何か起きるもの(以前はシフトワイヤーが切れました)、電池もワイヤー同様、毎年交換ですね。

それから…。
その後は、Edge500の表示距離数に10km足して現在位置をイメージしてました。
これも、なにか対策できないかな。
10kmだから足しやすかったですが、いちいち足すのも面倒で。


 創業・開業を応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・Garmin
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/146525276
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック