2015年05月04日

サドルというのも微妙な物だなと改めて痛感

サドルというのも微妙な物だなと改めて痛感

サドルの高さは(それなりに)高い方が良いのか?
なんて思って、サドルの高さを5ミリほど上げたら膝が痛くなった。
なんて事がありました。

それ以来、サドルの位置をいじるのが怖くなったのですが、
あるときサドルのネジが緩んで15ミリほど後退。

その時からアウターが使えるようになって。
フィッティングって大事だな、恐ろしいな、と。

さて今シーズンも始まっておりますが…、
ど〜もお尻が前にずれ込む、両腕に力がかかってしまう、という感覚がありました。

そして200kmのブルベから帰ってきたときには、お尻の薄皮がサドルの形にむけていたり。
今までこんな事無かったのに、2週続けてブルベに出たからかな?と自分を安心させましたが、
今度は、お尻が痛くなって。
しかも、100kmとかでは無くて、もっと短い距離を走ったくらいで。

明らかに今までとは違う症状、どうもおかしい。

そんな時、昨年、サドルを若干上向きにしたことを思いだして。
オーバーホールでサドルの傾斜が標準に戻っているのであれば、
昨年のように、若干だけ、上向きにしてみましょう。

サドルは水平が基本、と聞いておりますから、若干。
先端部分を本当に気持ち上げるだけの調整。

この調整をして走ってみた173km。
懸念されたお尻の痛みは出ませんでした。

サドルの先端を若干上げたことが効いたの?
こんなに微妙なの?

検証するには、先端を若干下げれば良いのですが、そんな勇気はありません。
5月9日にはまた、300kmのブルベ(BRM509丸岡300km)が控えていますから。

とりあえずこのままで様子見。
サドル交換の旅に出ずに済みますように。


写真は昨年撮影したサドル部分。
撮り方によってサドルの角度は変わって見えますので、ご注意を。


 ネットビジネスを応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・ロードバイク(自転車)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/127099557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック