2015年04月13日

VOLT700編:2015BRM411(中部300km)の備忘メモ

VOLT700編:2015BRM411(中部300km)の備忘メモ01

川中のANCHORのライトはこんな感じ。
メイン:HL−EL540×2
サブ:SF−123XB
(SF−123XBは、日中のトンネルなどと、EL540では手許が暗いのでその補助に。)

が、これで大丈夫なのかと不安になった2015BRM411(中部300km)

BRM411は山岳コース。
2度目の下りは夜間の予定、街灯もそう無いだろうし、下りが続くから速度も出る。
これは…もっと明るいライトを投入せねばならないのではないか…。

VOLT700をお世話になっているショップに発注しておりました。
もちろん、予備バッテリー(大)も加えて。

ところがこの予備バッテリー(大)、品切れで411どころか入荷予定が立たないと。
気がつけば、VOLT700をもう一つ、ポチっておりました(^^ゞ
VOLT700附属のバッテリーは入荷予定の立たない『バッテリー(大)』、これを予備に持って行こうと。
まあ、山岳コースがかなり不安になっていたのでしょうなぁ、今思えば
加えて、予備バッテリー(大)が何とかBRM411に間に合ったというオプションが付きました。
これは尽力して下さったショップに感謝です。
(その後発注した予備バッテリー(大)は、未だに入荷しておりません、品薄なんですね〜。)

VOLT700編:2015BRM411(中部300km)の備忘メモ02

さて、そんなこんなでVOLT700×2+予備バッテリー×1体制となりまして、
前輪の車軸に取り付けたてEL540と合わせて4灯体制で臨んだブルベで有りました。
(EL540は本当っに予備、いきなり実践投入のVOLT700がどうなるか分からなかったので。)

感想は…。
・VOLT700のオールナイトモード×1では暗い。
・VOLT700のオールナイトモード×2でも、下りは暗い。
・VOLT700ノーマルモードなら下りはOKだったが、ヘッドライト(頭灯)は別途必須。
 (行き先々のカーブの様子などを見たいので。)
・バッテリーは保たないので、予備バッテリー必須。
 27時(翌日の3時)まで走って、ライトの片方は充電インジケータが点灯。
 (片方だけ先に使用開始)
 あくまでもBRM411での使用状況なので、それなりに街灯の有る場所であればオールナイトモードが使えて、バッテリーももっと保ったかもしれません。

そして改めて、EL540って良いよなっと。
それなりに明るく、長時間保ちます。
バッテリーがへたれたら、最悪コンビニでも電池が購入可能。
と安心感有り。

ただ、重い。
今回VOLT700を持って、EL540って重いよな〜っと。
『EL540+予備バッテリー(単三を4本)』×2だと、結構な重量に。

それから、電池交換はVOLT700が圧倒的に楽ですよね。

で、これからどうする?
ってもうVOLT700×2体制で行くことになりますね。
予備バッテリー(大)も2個体制になる事ですし。

ただ、誤算だったのは…
SF−123XBを外せないこと。
真っ暗になってからだともう不要になるのですが、薄暮の頃だと結構な存在感を示してくれました。
(日中にVOLT700を使うと、消し忘れでバッテリー浪費、なんて事も懸念されますし。)
200kmのブルベなら外しても良いのですが、それも面倒(^^ゞ、結局外さないのでしょう。

次なる計画は、レックマウントの導入。
ガーミン先生の下にVOLT700をぶら下げるようにすると、ハンドル周りがすっきりすると思うんです。
9月の『BRM912 近畿300km 金沢 アタック乗鞍』に参加予定。
それまでに、なんとか。


 ネットビジネスを応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・徒然なるままに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/124632095
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック