2014年10月06日

2014BRM1004:ブルベの最中でギヤチェンジが出来なくなった…DNFか?

2014BRM1004:ブルベの最中でギヤチェンジが出来なくなった…DNFか?01

2014年の最後のブルベに出走し70kmほど走ったところでそれは起こりました。
あれっ?変速レバーが固まっているぞ??後輪の変速が出来ないぞ???
まさに、いよいよ夕霧峠という登りに差し掛かろうとしているその時。

信号待ちで状況把握。
これはまずい、ひとまず友人達には先に行って下さいとだけ告げて。

さあ、どうする?
後ろのギヤはトップ、一番重いやつになっています。
夕霧峠を超えるには一番軽いギヤが必要だと言うのに。

選択肢1.ブルベをここで諦める
 → で、どうやってスタート地点まで帰るの?
   輪行の用意なんてしていないよ。

選択肢2.手動でギヤを一番軽いものにして夕霧峠を越えよう。
 → これは出来ませんでした。
   また、出来たとしても、その後の事を考えていないプラン。

選択肢3.サイクルショップを探して修理してもらう。
 → うまくいけば、ブルベに復活できる。

一番現実的な選択は、プラン3。
こんな時スマフォはありがたい、Googleで検索、道案内もしてくれます。
(幸運にもたどりついた)ショップは福井県にも店舗があるお店、ここであれば修理間違いなし。
で飛び込んだところが『エンジニアが2時間ほど不在』。
それは待てないので、他のお店を紹介いただき何とかたどり着く。

その辺りの右往左往ルートが一枚目のマップに。
マップ左下の『右矢印』辺りから22号線を進んできて、その次の22号線のマーク手前でトラブル。
グルグルっとしてそのまま22号線を北上。
黒丸が有るところが二件目のショップなのでした。

2014BRM1004:ブルベの最中でギヤチェンジが出来なくなった…DNFか?02

直ぐに修理して貰えますか?
と聞くと来客中(商談中)との事でしたが頼み込む。
実はブルベの最中なんです…。

修理完了、これなら何とかなる〜っと走り出したのが11:19。
多分50分程度のロス。
次のチェックポイントは夕霧峠を越えたところ。
夕霧峠を越えるのは時間がかかりますが、足切りになる前に何とかたどり着ける。
ひとまず、夕霧峠の真ん中にある有人チェックポイントまで行こう…。


それにしても、あろう事かブルベの最中でワイヤーが切れるとは。
初体験。
これからもワイヤー切れは起こり得ます。
どうしましょう。
2シーズン保たずに切れたので、毎年交換しましょうか?
修理用のワイヤーを携帯する?
疲れているときにワイヤー交換なんて出来るかしらん。


(『2014BRM1004:仲間とまさかの合流、そして、罰ゲーム(?)の鬼引き…。』へと続く…。)

(この記事は『2014BRM1004:今年最後のブルベはまったりブルベの名の下に集結(トラブル付き)』の続きとなります)


 ネットビジネスを応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 21:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | ・ブルベ
この記事へのコメント
こんにちは、私は熊本、福岡を中心にブルベに参加しておりますが、ワイヤー、チェーンは不具合の有るなしに関わらず、交換するようにしています。ブルベの道中でトラブルことを考えると無駄な投資ではないと思っています。
Posted by ワッキー at 2014年10月07日 12:21
ワッキーさん、こんにちは。
某ブログでお名前はよく拝見しております。
コメント嬉しいです、ありがとうございます。

ワイヤー、初切断、でした。
余裕で2シーズン保つと思っておりましたので、ビックリ。
でも今思えば、1週間程前、急に変則レバーが重くなったので、きっとそれが予兆だったんだと思っております。


ブルベの最中に交換、なんて、気力・体力共にしたくない時だと思うので、
やはり、シーズン毎に交換、でしょうか。

(チューンは一度交換済みなのですが、新品の滑らかさに驚いた記憶があります。)


何処かのブルベで、お目にかかれる機会が有らんことを。

Posted by 川中重司 at 2014年10月07日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104270223
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック